heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

ファーウェイ、北朝鮮に支援?

おはようございます

 

昨晩のNYは小動きでした。欧州市場も軒並み小幅な値動きですね。

VIX指数だけ静かに値を下げると言った感じでしょうか。

NYダウ  +17.70  27171.90

NASDAQ +57.65   8204.14

S&P500   +8.42             2985.03

VIX指数    -0.92                 13.53

原油   ₊0.03     56.09

 

米国株市場も決算と統計待ちでさすがに動きにくいと言った展開に見えますね。

それでもハイテク大手がこぞって堅調な上げを見せてくれたおかげでナスダックはそこそこ上昇となりました。

気になったのが表題の事ですが、ファーウェイが北朝鮮の商用無線通信網の構築・維持を極秘に支援していたのではないかと報じられている事です。

報道によると8年もの間、北朝鮮の複数プロジェクトで中国国営企業と提携して北朝鮮への機器提供をしていた可能性があると言うもの。ファーウェイの自社部品は米国の技術を用いており、輸出規制に違反している事が考えられる。

こんな話がまたポンっと出てくるのが嫌ですねぇ。

まだ他にも表に出ていないこんなような話があって、時期を見てちょくちょく出てくるようだと、その度に株価に影響しますね。

米国は中国を本気で潰すつもりなんでしょうかね?

そうだとすると、世界的な景気はかなり悪化しますね。

それに対してFRB金利を下げる用意があると言う事なんでしょうけど、金利を少し下げたくらいで収まる規模の話ではないですね。今回の事なのか、こういったケースがあと何回か出てきて、もう中国の悪逆非道ぶりがどんどん暴かれていった場合は、各国とも対応を迫られる事になります。そうなったら世界的な不況も当然起こり得るでしょうし、株価は金融緩和だけでは調整しきれないのではないでしょうか。

もう1つ中国の話で行くと、例のウイグルとかの弾圧?人権侵害?の問題についても話され始めてますね。今に起こった話ではないですけど、中々日本では報道されないようです。そういった中国の闇が出てくるとなると、もはや習近平さんがどうのって事じゃなく、共産党に対する厳しい対応が懸念されますね。

今日明日の日本株式に極端に影響がある話ではありませんが、ダラダラと色んな角度から中国と言う国の有様が露呈されると、地政学的にも日本の株式に何らかの影響が”将来”は出てきそうですね。

 

話は少し変わりますが、京都アニメーション放火事件についても色々と言っている人はいますね。何か怪しい、何故セキュリティを切ったのか、NHKは誰も負傷者がでていない、何故犯人は用意周到に犯行に及べたのか等、あまりにも卒なく犯行が実行できている事に対して疑惑がもたれてますね。

株には直接関係ないですが、躊躇なく犯行におよび、京アニに到着して僅か1分で実行する。しかも逃げようとする社員に向かって出れないように刃物を振り回したと言うような話もあるそうです。精神異常者と一言で終わらすには犯行に無駄が無いと言われてますよね。もちろん、妄想家の戯言なのかもしれません。

話が飛躍しすぎるので止めますが、中国にしろこの犯行にしろ、ある意味普通じゃないと思えてしまうんですよね。

 

と言う事で、本日の日本株ですが、CMEも相変わらず動きません。

マザーズの今まで見てきた銘柄の動き次第で決めて行こうと思います。

特にロゼッタとかグッドスピード、UUUM、アメイジアなどを見たいです。