heiseisakuraの資産運用ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

トランプ大統領、弾劾なるか!?

おはようございます

 

昨晩のNY株式市場は弾劾を見極めたいという理由からか反落でした。

NYダウ  -79.59  26891.12

NASDAQ    -46.72         8030.66

S&P500      -7.25           2977.62

VIX指数      +0.11              16.07

原油            +0.12              56.53

為替                                  107.83

 

今回のトランプ大統領ウクライナ圧力疑惑に関しては、内部告発文書公表という事態になり弾劾を巡る不透明感が高まったようですね。

トランプ大統領は職権を乱用し大統領選を有利に運ぶためにウクライナを選挙に介入させようとした、と内部告発者は指摘したとしていますね。

米国の下院情報特別委員会は国家安全保障への脅威として懸念を表明したとありますが、米国民の反応は現時点ではそれほど高くないようです。

今後新たな事実が判明し、ただ事ではない事態になったら、それは株式相場もそれなりの調整を余儀なくされるんでしょう。

しかし、そうでなければ、弾劾の法案は下院で通っても、弾劾自体は上院の3分の2以上の票が必要らしいので、事実上無理であると聞いてます。

もちろんその様な事態になれば、トランプ大統領にとっては次期大統領選を戦う意味からして大変なマイナスですし、共和党にとっても やりずらい選挙になってしまいますね。

 

しかし、今回のこの騒動を見ても、もう慣れちゃった感はありますね。

そもそも、大統領選の時もロシア疑惑がありましたし、これまでもたくさんの閣僚が首をすげ替えされてきました。ある意味何が起こっても動じない感じにはなっている気がします。

それよりも米中関係の改善が余程米国株式市場にとって好印象となると思います。

 

気になるのは、7月に史上最高値を更新した時も、揉んだ後はズドンと下げました。

今回はまだ高値更新は出来ていませんが、既に今回の高値を付けた日から10営業日経過しているんですよね。

前回7月の時は高値を取った日から12営業日に大きく下落しています。

あと1日、つまり今日まで調整して来週から大幅下落したという感覚なんですよね。

当然ながら、前回と同じになることはないでしょうが、今回は高値を取らずして早10日

やはり気にはなります。

上へ行くと思っているんですが、昨日の相場は何か不安にさせるものがあります。

 

いつもこうなんですよね。

昨日は上かって思ったら、あれ? 違うのかなって思わせる。

そいかと思うとやっぱり上かってなる。

 

気持ちよく上がってくれよって思いますね~

相場が上げ下げしながら進んでいく事は百も承知ですが、もう少し上げる時は上がって欲しいと思っちゃいます。

 

さて、日本株ですが、CMEは60円安ですか・・・

まあまあじゃないですか?

昨日もマザーズ銘柄は朝方上げたあと萎んでいきましたが、今日もバイオ系とか上へ下へとやるんですかね。

そういった動きについて行くのも面白いですけどね、ある意味面倒なんですよ。

何故かって?

自分が動かしているわけではないので、動きすぎると分からなくなるじゃないですか。

相手があって上がったり下がったりしているわけですけども、やっている本尊様方の本気度と言いますか、どうしたいのって言うのが他に比べて分かりずらいんですよ。

だから途中で見なくなってしまうんですね。

そしていつもの銘柄へGO!となるんです。

負ける典型ですね・・・

 

先日言ったAmaziaとか、昨日は結局下がったUUUMとか今日はどっちだって感じです。

サンバイオ、そーせいなどは?

インタートレード、enish、ライトアップみたいな奴らは?

みんな普通の株ではないけれど、多分全体は小動きになるでしょうから、動きのありそうな銘柄で行こうかなって思います。