heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

ランサーズが出した広告って面白かったね

おはようございます

さあ、今週も始まっちゃいましたね~

いきなり下落スタートですね~

下がったら買いましょうね~

 

で、日経新聞の一面広告が話題になりましたね。

ランサーズの秋好社長が出した広告、「採用やめよう」と逆さまに掲載された広告。

パッと目を引きますよね!

人手不足と言われるご時世に真逆の提案⁉

ランサーズという会社をご存知ですか?

フリーランス向けの仕事を仲介するとこですよね。同業ではクラウドワークスなんかが有りますね。

日本を代表する企業のトップが憚ることなく、終身雇用の終焉を言い出してきたわけですが、サラリーマンの在り方が問われる時代になって参りました。

現在40~50代のサラリーマンにおかれましては、戦々恐々な時代です。そんなに簡単に、早期に雇用体制が変わる事は無いと高を括っている方がいましたら、それは間違ってますよ。

トップが話すって事はもう既に準備は出来てるって事ですからね。会社組織はトップが言ったん動けばいとも簡単に動きます。今までにそういった事、自分の部署や課の中においても無かったですか?

働き方改革なんて言ってますが、難しいのは急に変える事のショックを政権側がどこまで正確に予測できているかです。つまり終身雇用ではなくなり、働き方改革の名のもとに労働の仕方も変わり、もっと言えば年金などの公的部門も自助努力しろと言う事になり、サラリーマンに対する締め付けが大きくなり過ぎる事についてこれまでのように甘い考え方を政権が持つとやばい事になると言う事です。多分、今度の選挙まではまだ言われている様々な事が実施されていないので大丈夫でしょう。しかし、その次、消費税が本当に引き上げられ、サラリーマン世帯が色々な点で困る事態になってきたら政権も交代するし、それよりも日本の衰退がもっと早くなるという事になりかねませんね。

これは杞憂であれば良いのですが、今更ながらジムロジャーズ氏が日本撤退を言っていたことを思い出します。生かさず殺さずが上手な日本の官僚と政治家は、今回もきっとうまく操作して、日本のかじ取りをするんでしょう。しかし、長いものに巻かれろ的に生きていって本当に大丈夫なのか、とてもそうは思えなくなってきた感じがします。

令和になって、これまでのところ株式相場はあまり良くありません。下げが止まらないと言いますか、まだ今時点は下げの途中のように見えます。

やはり米中問題と世界情勢はまだ混とんとしており、リスクを取るには時期早尚なんでしょう。

今週も様子を見ながら相場に付いていくしかないですね。無理することないですから。

因みにNYダウ先物は150ドル強の下げになってます。見るしかないですよね・・・