heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

米国はまた逆イールド

おはようございます

 

昨晩のNY株式市場は反落しました。

NYダウ  -120.93  25777.90

NASDAQ    -26.79           7826.95

S&P500      -9.22             2869.16

VIX指数      +0.99                 20.31

原油            +1.92                 55.56

為替                                     105.79

 

NY株式市場は相場開始こそ100ドル程度上昇して始まりましたが、徐々に押され終わってみれば120ドル安でした。

消費者信頼感指数などは悪くないのに金利は逆イールドになる。

つまり個人消費は良いのに金利は低下すると言う事?

ここ等辺を考えると、目先の景気は良いが、先々、将来の景気は悪化する事を金利市場は予想していると言う事になるんでしょう。

金利が下がった恩恵ともいうべきか、個人消費は未だ冷え込む感じではない。しかし、米中摩擦の長期化により景気は後々必ず悪化する、そう債券市場の参加者は見ていると言う事なのでしょうね。

そうだとしたら、その心配を跳ね返すくらいの何かしらの成果が出てこないと株価がまた上昇することは厳しくなるかもしれませんね。

Ny連銀でしたっけ?前総裁のダドリーさんがFRBトランプ大統領の圧に負けんなみたいな感じで、利下げなどしない方が良いと言ってましたね。

それこそが景気を悪くすると言ってました。

この人たちは言葉巧みですね、そう言われればそうかなって思ってしまう。

普通は利下げであれば景気刺激となって株も上がるわけですが、トランプに付き合う利下げは景気を悪くする。前政権にかかっていた人だけに、トランプのやり方は気に入らないのでしょうが、地区連銀前総裁の発言が取り上げられるということは、ダドリーさんは今だ力を持っていると言う事なんでしょうね。

色々な見方があるものです。

 

さて日本株ですが、今日は方向感が出せない相場となるんでしょう。

CMEも若干安ですし、昨日と比べれば円高になってます。為替も一時104円台を見たわけですが、米国長期金利がこのままずるずると低下するならば円高路線で暫く推移する事でしょう。だとすれば、感覚的には上げには程遠いと言わざるを得ません。

やはり個別なんでしょう。

今はゲーム株を中心に個人は戦っていくんでしょうね。

enishはさすがに抑えられましたが、ある意味正常な反応だと言えるでしょう。

秋になれば学会シーズンにもなりますから、バイオ・薬品もそろそろ仕込み場なのかもしれません。それまでの幕間繋ぎ?そんな小さくないと思いますけど、ゲームはまだ動きのある業界としてやっていきたいですね。

それにしても昨日も個人の参加が多いマザーズ指数はダダ下がりでした。

一体何がしたいんですかね。

バイオと言う意味ではアンジェスとかどうなんですかね。

もうかれこれ・・・って感じなんですけど。

昨日は下げましたが、今日も下げたら買ってもいいのかな?

秋に向けて、また高値から半年経ってきますから、なんかそういったの買っておいたら良さそうにも見えますが。

少し考えてみたいですね、為替とか米国とか関係なさそうですしね。

 

じゃあ今日も無理せず頑張りましょう。