heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

NY株式市場はトランプ次第なの?

おはようございます

 

昨晩のNY株式市場は反発しました。

NYダウ  +269.93  25898.83

NASDAQ    +101.97         7853.73

S&P500      +31.27           2878.38

VIX指数      -0.57                   19.29

原油            -0.41                   53.76

為替                 106.09

 

まぁ、何と言うんでしょう・・・

トランプ大統領が「中国との交渉を再開する。とても大きな事が起きるだろう」

と一言いえばNYダウが270ドルも上昇するんだな。

逆に一言中国を非難したりすれば、600ドルも下げるんだな。

 

こんなんで良いんだろうか?

良くないよね。

でもこれが現実なんだから仕方ない、良いも悪いも無いんだよね。

相場で戦う人にとっては値動きこそ全て・・・

それが嫌ならやらなきゃいいじゃん、って言われるのが落ちだね。

 

しかし、それでは世界の秩序や正義は保たれない。

トランプ大統領は世界的に影響力の強い人物である事は間違いないが、だからこそ余計に、彼を評価する人々の強さが必要なわけで・・・

綺麗ごとを言うわけではないけれど

何か最近の相場を見ていると、より節操がない感じがしています。

もちろん、上がっても下がっても何かしらの正当性を主張するんでしょうが、周りを振り回して遊んでいる様にしか見えないですね。

 

でもそれだけ中国との貿易は巨大であると言う事なんでしょう。

ナイキやアップル、ディズニーなんかがNYダウ構成銘柄の中でも上昇率上位にあるところなどを見ると、やはり全面高の中でも中国関連が高かったことが伺えますね。

そうすると相場もあながち何でもありではなくて、それぞれ考えられていると思って良いのかなとも思ってしまいますけどね。

そこら辺はよく分からないですねぇ・・・

いずれにせよ、大統領の一言でこんなに相場が振らされるというのが少し行き過ぎていると思います。

 

一方毎度毎度の日本株ですが、今日はCMEも270円ほど上昇してますね。

こっちも面白いもので、NYダウよりも為替に影響を受けやすいのかなって思ってしまいますね。割合の問題なのか分かりませんが、CMEがよく上がってるときは、あくまで私のイメージですが、NY株の上昇が4で為替の円安が6みたいな感じじゃないですか?

株価の問題なのに株以外の影響の方が大きいと思ってしまうのは何故なんでしょうね。

当然、株価と言うものは様々の分野の影響を受けて成り立っていることくらい分かっていますけど、実際の「株価」が株価の影響以外の方の影響が強いというのは未だに釈然としません。

 

しかし、デイトレでやっている人は昨日は大幅下げから始まる事が分かっていましたから、ある意味やりやすかったと思うのですが、今日の相場はどうなんでしょう?

昨日と逆でGUで始まりそうですよね。

そういう時って私にはとても難しく感じます、いつもですが・・・

GUして寄って、そこから間髪入れずに暫く上昇して行くのか、寄り天になるのか毎回分かりません。

分かるなら凄いですね。

 

こういう時は最近動意づいているゲーム系に乗っかっている方が良いのでしょうか?

しかし、ここもとの相場でゲーム株がまた上げてますけど、一時のバイオ株から見事に切り替わりましたね。

やはり相場って何かを手掛かりに主役を作っていきながら儲けようとみんなで動いてるんですね。

 

誰が先導役をしてるんでしょう?

どこかの投資顧問、仕手屋さん?

それとも機関?外国人?ヘッジファンド

色々なんでしょうが、うまくみんなを乗せて行って欲しいです。

もう少し続きそうかな、ゲーム株。

まだ火曜日だし、そう考えるのが妥当かな?

 

今日も元気に頑張ろう!!