heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

NY株式市場は利下げでしか上がらない?

おはようございます

 

昨晩のNY株式市場は小幅安でした。

NYダウ  -22.45  26007.07

NASDAQ    +29.56        7862.83

S&P500      +8.00          2883.98

VIX指数       -0.68              19.49

原油             -1.32              52.31

 

NY株式は終値ベースでは小幅安となりましたが、ザラ場中は大幅に下落する場面があり、600ドル程度下がっていました。

その後トランプ大統領のツイートで、中国よりもFRBがリスクだみたいなことを言った事が起爆剤となって株価は急激に値を戻す展開となりました。

一時プラスにもねってましたね。

でも、こんなんでいいの?

米中摩擦からの世界景気悪化懸念があるからFRBにもっと大胆に利下げしろと言う話だと思うのですが、それでいいのって思いませんか?

本来なら、米国と中国は戦争をしているわけだから、株式市場は下落すればいいじゃないかと思うんですよ。

武力行使こそしないし、今後もそこまでは無いんじゃないかと思っています。

それをやったら本当の戦争になるし、そうなったら本当に株どころではなくなりますからね。

しかし、政治的・経済的戦争状態に入っているわけなので、株が下がる事は致し方ないはずです。

それを金利の力で無理やり上げさせる。

もちろん理屈は分らんではないです。

金利を下げる事で株価が上昇するなら、それはそれで米国の強さになりますし、そうする余地があること自体強みであるとも言えます。

また、金利を下げる事は、米中摩擦による影響の緩和になるわけで、理に適っているじゃないかと言う理屈。

そうまでしても中国を今叩かなければならない。

その意気ごみは分かるし、賛成する話です。

米国発の話がどこまで本当かは分かりませんが、結局共産主義を崩すことが無さそうな中国がこのままさらに強くなることは世界の脅威ですから。

ただし、それはそれ、株式はそういったリスクに対してそれなりの調整をしなければいけないと思いますけどね。

 

日本株も今日は少し強そうです。

少しね。

まさか、さっきの調整すべきって、日本株

日本株はアジア株だから、日本株が下がれば良いんじゃないか的な発想?

それは考えすぎ、言い過ぎ、被害妄想過ぎな話ですね。

そんな状況にもかかわらず、誰と誰が結婚とか吉本とか、話題がお茶の間レベル過ぎますね。

当然、話題にしても良いわけですが、もう少し大事なニュースって多くない?

みんなが真面目に考えないといけない課題はワイドショーネタよりもよっぽど重要だと思うけど、マスコミさん。

もっと深く掘り下げた内容は報道しないのかな?

政府批判、芸能ネタ、こんなのが大半を占める日本のメディア。

モーサテももう既に見なくなりました。

私が批判しても仕方がないので止めましょう。

 

今日はUUUM上がると思うんだけどなぁ

あとAnaziaね、色々とあったけどどうなるかな?

ラウンドワンってどうなの?面白そう?

決算内容のいい奴は買いたくなるけど、寄天になる事が多いからね気を付けながら臨んで行かないと痛い目に遭いますね。

と言うわけで、今日も相場は分かりませんが、出来る事はやりましょう。