heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

NY株は小幅安、トランプさん?今制裁?

おはようございます

 

NY株式市場は小幅安でした。

NY終値は43.68ドル安 26004.83ドル

NASDAQ 29.85安 7792.72ドル

為替 0.01円高 108.49円

何だか微妙な感じがしますね。26000ドルの台固めなのかなぁ。

昨晩のNYダウの日中の動きを見るとやはり上下ありましたね。だからまだはっきりしていない感じですね。水戸黄門じゃないけど、「もう少し様子を見よう」になっちゃうな、どうしても。

気になると言えば米10年国債利回りがじりじりと低下していることですかね。また2%を割り込むのかな?2年債は1.88%くらいでしょ、逆転とか起こったりしてね。

そうなったら逆に株は下がるよね?じゃないとおかしいと言うか、景気が結局悪化していく事を金利が織り込み始めたという事でしょ?一時的ならいいんだけど、慢性化されたらマズいよね。杞憂で済むか分からんけどもう金利差がないし、将来的にFRBが態度を変えなければ、結果としてトランプに迎合した形で金利を下げる方向だとしたら十分あり得ますね。

そしてもう一つ、すでに皆さんもご存知の安倍首相のイラン訪問。わざわざ行かなくても良いイランに安倍首相が行ってるのに、トランプ大統領がこのタイミングで新制裁とかいうニュースが流れてるでしょう?イラクに密売した云々で制裁を科す。

少しは考えて行動して欲しいね。私は安倍さんのファンでも嫌いでもないが、今まさにイランで「仲介」しに行っているのに、それはないよね。それだって安倍さんが勝手に行ったんじゃなくて米イの緊張を緩和するという難題を持って行っているのにね。下手をしたら安倍さんの努力は徒労に終わるし、それどころか日本とイランの関係が危ぶまれることになったらどうするんだろう?

中東の国々は日本に対しては皇室の存在など日本を肯定的に捉えてくれる面がありますが、米国に促されて仲介に来ている日本の首相に対し警戒感もありますよね。まさに火に油を注ぐと言う事態にならないことを祈ります。

そしてここ連日ニュースで流れているのが香港の大規模デモ。100万人規模に膨れていて警察との小競り合いから催涙弾を打ち込むという事態に発展してますね。これは刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正に反対するデモですよね。今回は香港が中国に返還されてからでは最大のデモとなったようです。

何が問題なのかと言うと、冤罪などで拘束された場合、そのまま中国本土に連れていかれ不公平な裁判をされる懸念があると言う事なんです。なので香港市民は黙っていないわけですね。まだこの騒ぎは続きそうですが、共産党がどんな行動にでるか見ものですね。

そんなこんなで世界各地で色々と紛争めいた事が起こっています。サウジの空港にミサイルが飛んでも来ました。まだ直接的に株式市場を揺るがすには至っていませんが、何となく気味が悪いですね。今日の日本株はCMEが安め、米株は若干安、為替変動なしと言った感じからのスタートになります。なので今日の天気とは裏腹にあまり上昇を望まないかもしれません。

でも、そういった日がデイトレにはチャンスですね。一旦下がってくれるなら日中の安値を形成してくれればあとは戻りの相場が期待できます。ある意味GUで一段上から始まった相場の方がやりずらさもありますからね。デイトレの方はそういう意味ではじっくり見ながら打つ手がある相場になると予想します。

米国の金利が下がっているのはそういった世界情勢も絡んでいるのですかね?だったら解決に向かえば株は事前と上に向かうのかな?とも思うんですけど・・・

日本株は取り敢えず、低位安定となるでしょう。個別株で行くのが正解だと思います。