heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

米国株は米中次第?

おはようございます

 

昨晩のNY株式市場は大幅反発となりました。

NYダウ  +372.54  26279.91

NASDAQ    +152.95         8016.36

S&P500      +42.57           2926.32

VIX指数      -3.57                  17.52

原油            +1.80                 56.73

為替           106.74

 

まぁこんな感じになりがちなんですね~

やはり今の現状では、米中系の話に進展があれば上、悪化すれば下ということ。

それに付随して金利がどうの、通貨がどうのと言っているだけです。

要するに何か話があれば上下に振れやすい相場だと言う事ですよ。

だから下げて悲観、上げてぬか喜びは相場のいい餌食になるってこと。

でも、上げて浮かれず、下げて落ち込まずでいれば良いんでしょうが・・・

一般人にはそれが難しい。

と言うか、それが相場なりに出来るなら今頃大金持ちや。

 

その日その日の上げ下げでその次どうなるかは毎回違う。

しかも毎回その予想が外れるから儲かるどころか損をする。

こういう相場は一見華やかだが、中で見てみると凄まじい売買が行われていて、見た目じゃ分からない損益になってます。

もちろん、こんな動きをされたんじゃついて行けないと言う方は個人投資家には多くいらっしゃるでしょうね。

それでいいと思います、自分の能力や投資タイプに合わない中で、動いているから機会収益を求めなきゃと無理をしてはいけません。

そういう時は、冷静にシュミレーションに徹するか、ごく少額で試してみて、乱高下する相場に自分が適正としてあるのかないのか試す場にした方が良いと思います。

当然ながら株で儲けようと思っているわけですから、デイトレとかスキャルとかの超短期売買はやらなければ収益は稼げません。

だから戦いを挑む姿勢は必要だと思います。

あとはいかに自分のパターンにある銘柄を見つけておけるか、売買のタイミングなどが自分に合ったものに出会えるかだと思います。

 

スイングでもある意味同様ですよね。

上がりだした所でついて行くことは、収益を稼ぐうえで鉄板の買い方になるんですが、今の様な上も下もある相場ですと、また誰かが何かが動くと、嘘のように下がります。

ですから、行けると思ったら乗るしかないのが相場ですが、ダメだと思ったら即撤退も大事かなと思いますね。

余計なおせっかいかもしれませんが、慌てて乗ってやられた経験があると、やはり心配になります。

 

今日は日本株も上げそうですね。

CMEも370円程度上昇しています。

一般的に言えば、為替が一気に戻り、NYが大幅高すれば、日本株はほぼ全面高の様相になっておかしくないです。

今日の相場で最も注意が必要なのは為替でしょうね。

大きく動いたと言う事は、ボラティリティが高くなっていると言うこと。

場中にスルスルっと円高方向へ動いてきたら注意すべきですね。

それとNYダウやナスダックの先物の動きです。

取り敢えず、日経平均が何だか分からないのに動きが止まったり、下げ始めてきたら原因が何かをサクッと調べてみたら良いんじゃないでしょうか?

 

個別銘柄では、昨日はストップ高銘柄が7銘柄でましたね。

その中には今日も行けそうなものもあるんでしょうね、でも寄天もあり得ますよね。

ベルトラとかカルナバイオとかアドベンチャとかの内で動きの良さそうな奴について行こうかなとも思っているんですが・・・

さてどう動いたら良いか・・・

 

要するに弱気な私は、まだこの相場で強気には成れていないのです。

もちろん米国株式そのものは長期的に上昇相場が続くと思っています。

その意味では長期的視野に立てば、強気なんですが、短期的には、もしくは超短期的にはまだカンカンの強気にはなれないなと言う事です。

しかし、もし今晩なり近々の相場でNYが先日の戻り方値を拭いて、さらに先日申し上げたように26500ドルをあっさり抜くようなら、この限りではありません、強気転換すると思います。

 

どっちにしろ個別株は、今日GUして始まる銘柄も多そうですが、何とかついて行きたいと思います。

どうか報われますように・・・