株歴30年生の雑感ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

バイデンとトランプの討論会は?

おはようございます

 

昨晩の米国株式市場は小動きとなりました。

NYダウ   +16.10   39128.26

NASDAQ     +87.50         17805.16

S&P500       +8.61             5477.91

VIX指数       -0.44                  12.40

原油               -0.17                  80.66

為替                                       160.79

 

とうとう1ドル160円を超えてきましたね。ここで介入は無いと思いますが、介入するにしても高値を更新してきたところくらいしかないですかね。それでも効果は無いに等しいので、日銀の利上げかFRBの利下げがないと円高にはなってくれそうもありませんね。むしろ、これからしばらくは金融政策が無ければ為替はずるずる円安が続きそうです。ドルは他の通貨に対しても強いと言われてますので、何もなければその流れの通りになりますね。輸入物価が更に上がる事になるので、日本人は物価高に悩まされる時代になるんでしょう。そうなると、自分の資産もドル高で増えていくものを持たざるを得ません。もう少し正確に言えば、ドルでなくとも物価上昇率以上に自分の資産が増えればいいんです。でも、簡単に言ってますが、それが難しいんだよって言われそうですね。ま、ここは普通にドル建ての商品か高利回り商品を待つことですかね。何もしないと、何も増えません。増えないどころか、実質的には目減りする事になります。やはりインフレの時代はお金で持っていると損するんですよね、悩ましいです。

米国株式市場は小動きでした。バイデンとトランプの討論会が今晩開催される事で、様子を見たいという投資家が多かった事が要因のようです。

とすると今日の日本株も期待できないですね。今日は静かにしておいた方が良さそうです。

仮想通貨は昨日の早朝に大きく下落してましたが、一応戻してしまいましたので、仕切り直しになったのかも知れません。来月からまた売り要因が出てくるようですが、それならそこは買い場として捉えたいと思います。

日中の暑さが耐え難いものになってきました。くれぐれも暑さ対策はした上で外出するようにしていきましょう、熱中症はなってからではおそいですから、それでは。