株歴30年生の雑感ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

仮想通貨の本格的な調整が始まったか⁉︎

おはようございます

 

昨晩の米国株式市場はハイテク売りとなりました。

NYダウ    +260.88   39411.21

NASDAQ        -192.54          17496.82

S&P500          -16.75              5447.87

VIX指数          +0.14                   13.34

原油                  +0.95                   81.68

為替                                            159.63

 

仮想通貨がまた下がってきましたね。ビットコインは円で1000万円を割り込みました。ドル建でも60,000ドルを割り込みました。どなたかが、ドルで65,000ドルを割り込むとこうなると言ってました。それが正しい見方なのか、それとも偶然なのか分かりませんが、55,000ドルが見えてきましたね。私のようなまだ少額しか投資していない者からすると、下がるのは嫌ですが、下がれば買い場でもあるわけです。その意味で今回下げてきたのは、チャンスかもしれません。あんまり下がると凹みますが、60,000ドル割れ程度で切り返しとなれば買いたいと思っています。

米国株式市場はダウは上がりナスダックとS&P500は下げる展開でした。どちらかと言うとエヌビディアが下げた影響でハイテクが下げ、その他の出遅れが買われたようです。しかし、この水準で「出遅れ」に買いが入って高値を付けるって言われると、どこか違和感を感じてしまいますね。だって、言葉通りに受け取ると出遅れている銘柄は少なくとも上がっていない銘柄になるはずなので、それでダウが高値更新するっておかしくないですかね。何がどう出遅れていたのか分かりませんが、言葉としておかしいと思いますね。しかも指数としては260ドル上げただけじゃないですか。もっと1,000ドルくらい一気に上げたんなら理解もしますけど、あれだけの上げで高値付けることになるなんて、表現の仕方が間違えているんじゃないでしょうか。言葉尻を捉えてグダグダ言いたいわけではなくて、単に違和感があるから買いたまでで、それ以上の意味はありません。

さて、日中の気温や湿度が真夏のようになってきました。都内では昨日だけで56人が救急搬送されたようです。確かに涼しい事務所を出る時は、むしろ暖かく感じる程度かもしれませんが、直ぐに外は暑いんだと思わされます。そして、水分補給を怠ると熱中症になる可能性が高くなります。熱中症は本当に危険です。何が危険かって、命の危険が一番ですが、脳みそもやられるみたいです。脳みそが熱で茹でガエルになるみたいですね。要は熱にやられて機能しなくなるということです。身体はもちろん大事ですが、頭がやられたら最早人間とは言えなくなります。そうならない為に、キチンとした熱中症対策をしなければいけませんね。まずは水分の確保と少量ずつ定期的に口に入れることです。そして塩分も必要ですね。昔は梅干でしたが、今は飴がありますから手軽になりました。機能性の肌着なども有効だと思いますが、それぞれがシチュエーションに合った服装をし、水分補給をこまめにしていけばそうはならないと思います。これからの季節、頑張ってまいりましょう、それでは。