株歴30年生の雑感ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

50代の転職事情

こんにちは

 

相変わらずの新型コロナ、もう本当に嫌になりますね。

何とかならないのでしょうか、何時になったら薬はできるんでしょうか?

 

まぁそんな世界的惨状の中、我々はまるで宇宙人のようにコロナとは無縁な動きを取っております。

 

そして前回触れました、相手側のリーダーである"おっさん"が起こした「法令違反」沙汰。

 

お客さん側のリーダーである”おっさん”がね、ついにやっちまったんだよね。

 

本当のお客様にご迷惑はかからなんかったんだけど、違反は違反。

 

実は、年度の替わりに我々の店長が急遽異動となったことは前回のブログでお伝えしたと思います。

その時に相談を受けていました。

店長

「短い間だったけどお世話になりました。・・・中略・・・で、”おっさん”の事なんだけど、やはりちゃんとしたほうが良いと思うんだけどどう思う?」

「私ははっきりと聞いたわけではないけど、みんなで帰り際にしゃべっている時の会話でそんなこと言っていたかなってくらいで実はその会話の前後関係とか分かってないんだよね。」

「だけど皆さんが聞いたと言うなら確認したほうがいいよ、絶対。もし転勤してから検査で見つかったら、”おっさん”だけじゃ済まなくなるからね。」

 

と言ってあげました。

さすがに後々になって自分にも責任が及ぶ可能性を指摘され、録音を聞く事になりました。

 

そしたらまぁなんと!

 

思いっきり法令違反をやっているじゃないですか!

これも前回書きましたが、自分で違反行為をしている事をわざわざ書き残してまでいる。

 

 

さすがに驚きましたね~

どんな違反なのか具体的には言えませんが、普通ならそれこそ新入社員でもしない行為なんです。

だから我々も一々その事について改めて注意喚起もしませんし、そのことで法令違反となるケースは見たことがありません。

 

だから、その違反行為があったことやその事自身を自らの手で書き記すなど考えられない。

違反だと思っていないからこそ、通常の行為だという認識に立って記録したとしか思えないということになります。

 

だから言い逃れる事が出来ないんですよ。

 

だって自分がそうしましたって自分で残したんだから。

 

別の例で言えば、電話で実名や素性を明かした上で、振り込め詐欺をしたようなもの。

電話録音され、何処の誰かまで自分で名乗って詐欺をしたようなものと言うことです。

 

考えられますか???

 

その時にもみんなで話してたんですが、やはり仕事に本気で取り組んでいない事や嘘をついているからこういう時にぼろが出るんじゃないかとか、様々な事を言われます。

 

普段一生懸命に仕事をして態度も真面目なら、それほど辛らつに言われることはありませんし、そう言う人はそもそもそう言った初歩的なミスはしません。

 

そうして週が明け、”おっさん”が休み明けで出社したところへいきなりの指摘だったので瞬間的には何を言われているのか分からない風でしたし、自分の考え方は間違っていないと虚勢を張っていました。

しかし、すぐ所属会社から電話があって、そこでも最初は頑張っていましたが、「単語」が違うと言う言葉に対してやっと自分のプライドが保たれる言い訳を見出した感じとなり「それなら理解できなくはない」と言って自身の考え方に間違いはないと言いたげな態度を貫いていました。

 

そんなやり取りをはたで聞いていると、やはりこいつは好きになれないなと改めて感じましたね。

 

これまでも独りよがり的な発想としか取れない態度や物言いが多く、店長は困っていました。

そして何よりも「嘘つき」なところ。

これがこいつを好きになんてなれるはずがない一番の理由。

 

極めつけだったのは、こちらの会社に事情聴取を受けるため"おっさん"が本社に出頭した時のことです。

 

聴取する側の人に店長が前もって面談にどのくらい時間がかかりそうなのか聞くと、夕方から始めて1時間程度で終わらせるつもりと言っていたそうです。

 

その言葉通り、夕方16時から始まったようなんですが、”おっさん”から連絡が入ったのは18時前でした。

こちらが電話を取ると、「今終わった、何か連絡とかありますか?」と聞いてきたそうです。

電話を応対した人が「特にないです」と答えるとじゃあ明日は普段通りに出社しますと言って電話を切ったそうです。

 

店長は取り調べは1時間くらいと聞いていたのにこんなにやっていたのかと思って、事情聴取役に聞いてみました。

 

すると!

面談は予定通り終わったので16時50分くらいに終わったよと言うじゃないですか。

 

じゃあ何でそこから1時間以上もあとに電話してきて、その挙句「今終わった」みたいなことを言うわけ?となります。

 

多分、終わった時間に馬鹿正直に連絡を入れると、この時間だったら一旦社に帰ってきてくれって言われかねないから、ある程度経ってから電話するようにしてたんだと思われるんです。

 

普通の神経なら事情聴取を受けてけっこう叱られていたなら、面談が終わったらすぐに連絡入れるんじゃないのかねぇ・・・

 

またまた実は・・・なんだけど、これまでもそう言うことがあったんだよね。

終わっているはずなのに音沙汰ない。

で、1時間くらい後になって電話してくる。

そしてついさっき終わったみたいなことを言ってくる。

 

かと言えば、明らかにおかしい時間の直行だとかね、挙げたらキリが無いんじゃないかな?

 

それくらい酷い態度だったわけです。

 

だから同じ会社の人間からも好かれていない。

 

そりゃそうだよね、自分都合でばかり動いて、ヒトには厳しく自分には甘くとやっていたらそれはいくら何でも、幾らなんでも嫌われますよね。

 

しかし、つい先日所属会社の上司に呼ばれた際に相当きつい事言われたようで、態度が急に変化しました。

今回のしでかしてしまった自分の行為がとんでもなく自分の首を絞めていたことにようやく気が付いたといった感じなんです。

 

そして朝の会議の席で自ら反省し謝罪をしました。

やれ「謙虚さが足りなかった」とか「キャンセルを気にし過ぎた」とか誰でも言いそうな言い訳をしてきます。

もちろんその時は神妙な面持ちで、あたかも反省しておりますみたいな雰囲気をかもしだしてね。

 

私はもうすでにこの”おっさん”を信用していないのでいくら神妙な顔して反省してみたところで信用など一切できませんでした。

しかし、その日は一日中大人しく過ごしていたわけですが、何やらパソコンに打ち込んでいます。

きっとこの件で提出すべき書類を作成しているんだろうくらいに思っていました。

 

しかし、しかしなんです

 

もう信じられないことをやろうと企んでいたんです‼‼‼

 

先日私たちの側の本社に呼び出され事情聴取などを受けたことの報告書を提出していたんですが、事もあろうに私たちに提出した書類とは別の報告書を作成し、所属部署の後輩に提出書類の差し替えを依頼していたんです、こちら側に断りもなくですよ。

 

受けた後輩もどうかしていますが、どうですか?信じられますか?

 

自分の書いた報告書を勝手に誰の許可も得ず差し替える。

差し替える理由は、なんと、先の報告書は事情聴取した相手側の部長や役員に囲まれてやいのやいのと言われた事で委縮してしまい書かされたものなので、本来の内容に改めるためという理由だそうです。

とんでもない嘘八百です。

ここまでして、何とかして、どんな手を使ってでも言い逃れたい。

そして我々の前では不自然な笑みを浮かべ、改心しました的な態度に出る。

もう人として異常値です。

 

ただですね、

この”おっさん”の頭の悪いところは、我々を下に見ている証左なのでしょうが、内線電話している会話が聞こえてるんですよ。

 

あり得ます?

 

敵と思っているであろう相手側社員が通常の配置で席にいて、普通に仕事してるところで内線電話で依頼しているんですよ。

馬鹿なんじゃないんだろうか?

 

もの凄く小さい声で話すのも不自然だろうけど、元々静かな部屋なんで話し声は聞こえやすいんですよ。

 

だから自分が電話とかしていなければ比較的声が通るんですよね。

でもそんな事、そこにいたらすぐに気が付くじゃないですか。

 

こいつ大丈夫?ってさすがに思いますよ。

 

まぁ、こっちからしたらこの話、どこまで相手の会社が”おっさん”に付き合ってまともに受けるのか見ものですね。

もしこの”おっさん”の画策にそのまま乗っかるなら、会社そのものがクズだし、そんな事がまかり通るなら提携解消したほうがこちらとしても良いよね。

 

まぁそんな事はないとは思うけど、でも後輩が受けたという感じに見えるし、”おっさん”の上司にはそこのところが伝わっているかまで分かっていませんが、いずれにせよ書類の勝手な差し替えが行われているのならば、処分の内容によってはこちらの会社も黙ってはいられなくなりますね。

 

実はこの内線電話の内容を聞けたのは、何を隠そう最年長の還暦オジサンです。

 

だから声が通る部屋だって言ってるのに(笑)

 

早速、還暦オジサンはこっちの会社のコンプラに報告してましたね。

だからこっちは書類の差し替えがなされたかどうか、処分の内容によっては確認できる事になります。

ただ、相手の会社がグルになって”おっさん”を擁護するとなった場合、こちらに見せるのは元々の書類、自分たちの上司が見るのは差し替えた書類ということも可能です。

 

だから事は慎重に運ばなければなりませんが、見逃したり指摘する機会を逸してはなりません。

もっとも今後においてこの”おっさん”と一緒に仕事をする気はないということをはっきりと相手側の会社に意思表示していきますけどね。

 

この件の少しあとの夕方には相手側の会社のリスク管理なんちゃらって部署の人間が2名ほど来ました。

用向きは個人情報の漏洩に繋がるようなリスクはあるかの聞き取りなどと言うことを”おっさん”は言ってました。

 

しかし、その二人は”おっさん”を応接に呼び出すと、その後1時間余りも出てきません。

 

当初聞かされた個人情報云々と言う用向きならば一緒に働く職員みんなにヒアリングがあって然るべきです。

まして1人で終わるものではありません。

もっとも、こちらがそう言ったとしても、「いや話は聞いたので何人も手数をかけさせるような迷惑な事はしないようにしました。」とか何とか言えば済んでしまいます。

 

いずれにせよ、"おっさん"は面談したのだからどんな内容を話したか報告する義務がありますね。

そんなのも無しです。

これは完全におかしいです。

 

ですから私たちの会社は一段と姿勢を硬化せざるを得ません。

 

これは戦争になる可能性もでてきました。

 

でも話は簡単なんです。

”おっさん”が処分され、この部署から出て行けば済むことなんです。

 

コロナも一緒、消えれば景気はいずれ元に戻っていきます。

 

さてどうなりますか・・・

 

そうこうしているうちに、何の処分も下されないうちにコロナ被害が全国的に蔓延してきた為に、仕事そのものが非常事態となってきました。

 

次第に通常業務がしづらい雰囲気が全国的に広まりを見せてきました。

 

新型コロナウイルスの影響は全業種に亘っています。

金融機関はまだマシなほう。

飲食など客待ち商売、集客商売はやりづらくなる一方です。

 

世界的に新型コロナウイルスに感染した人の数がドンドン増えていきます。

 

そしてついに、緊急事態宣言が出てしまいます。

 

 

そんな世の中になるほんの少し前、我々の会社で人事異動があったんです。

最初に書いたように、急遽なんですが店長が異動することになりました。

それはまさかの人事となってしまいます・・・

 

その後についてはまた後日報告褪せていただきます。