株歴30年生の雑感ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

50代の転職事情

こんにちは

 

新型コロナウイルスの話題で世の中は持ちきりですね!

そんな環境下において、私が勤める職場にも変化が訪れようとしています。

 

私の側の会社で店長を務めていた人が、勤務半年で異動となりました。

 

昨年の11月に私が就職し、現在の事務所に勤めるようになったのですが、この事務所がオープンした時の立上げの時から携わっていたこちら側の会社の店長が隣の県にできる新しい店舗の立上げメンバーとなったんです。

 

実は、前回の話で、還暦オヤジのことを取り上げましたが、この人が今度の店長となる事になったようなんです。

 

本来は隣の県の新店舗に行くのは還暦オヤジの方だったんですよ、当初はね。

しかし、当社の経営陣がどう判断してこうなったのか、その経緯は分かりませんが、先日突然店長さんが私に「5分だけ時間くれる?」と言ってきて、別室に行って話をする事になったんです。

 

最初は、私がここに来てどれくらいになったかねぇ、なんて話をしてたんですが、「実はね」と言って本題について話し始めたというわけです。

 

最初「辞める」的な感じで言ってきたので、「辞めるの?」と聞いてしまったほどなんですが、辞めるのではなく転勤ということでした。

話しが急なので驚いていると、店長は「まぁ向こうのリーダーとこれからもずっとやっていくのも嫌だったし、今度の店も新しく始めるところだからさ、俺にはむしろ良い話だと思ってね。」と言ってきます。

 

私は「あなたが良いと思うならそれが一番だけど、向こうの”おっさん”はどうなの?」と聞き返すと、「それはこれまで通りだし、向こうの会社の人事だからこっちには関係ないけど。」と言ってきます。

 

「じゃあ、あの”おっさん”はいるんだ」と呟くと、「まぁ俺がいなくなってもあいつの性格や態度は変わらないだろうから大変だね」と他人事のような言い方になってました。

 

それにしても急な展開だったので驚いたと言ったんですが、店長も言われたのは最近だったようで、半年で異動になったのは数いる店長の中でも多分初めてだと思いますと言ってましたね。

そりゃそうだね、店長の立場の人間が半年程度でコロコロ替わられたんじゃ、組織的に滅茶苦茶になってしまうからね。

 

逆に今度店長を務めるのは還暦オヤジなんだよね。

色々と目立ちたがりな面や思い込みが若干強そうなタイプなんだけど、こっちの方が先に入っていて、年長だけど仕事的には私らが教えていた方の立場だから、まぁやり易いとは思うんだけど、けっこう良いかっこしだから気を付けないといけないな。

 

みんなそうだけど、何故だかトップになると人格が変わる奴いるからね。

 

還暦オヤジが最初にここへ研修として来て間もない頃に聞いたんですが、現役の頃はやはりパワハラで有名だったなんてことも言われてたからね。

 

もうここへ来てパワハラとか言ってる年齢でもないけど、一応ね。

 

結果的にはここで仕事を覚えた人が店長になるんで、仕事的にはスムーズだと思うんですが、しかし引っかかる事もあります。

 

それは「なぜこのタイミングで店長を替えるのか?」と言うことです。

 

店長はどちらかと言うとたたき上げで、営業センスはあるんですが、リーダーシップがあるかと言えばそれはどうかなと言う所があった。

そして”おっさん”が悪いとはいえ、人間関係的に改善がほぼ図られなかった。

この店長も自分には甘いのに人には注文を付けるところがあった。

自分ではそうじゃないと言いつつ、基本的に上から目線な性格だった。

部下に何でもかんでも聞きまくり、その点では直属の部下も辟易とする場面もあった。

 

など、悪いところばかりではないものの、それなりに結構な性格でもありました。

相手の会社の”おっさん”にとってみれば、自席の正面の席でいつも声が大きく、常にしゃっべていてうるさかったという事もあったと思います。

 

なので両者ともお互いの反りが合わない、性格的にも仕事の仕方や生きて来た上での考え方など、あまりにも違いがあって、お互いが耐え難い感じだと思っていました。

中々ここまで合わない人同士が違う会社から同じ部屋で一緒に仕事するといって出会うのは確率的にも低いんじゃないかって思ったくらいでしたね。

 

でも、共通しているのは、自分に甘く他人に厳しい、そして何よりも変なプライド?が高いと感じる部分ですね、不思議と重なるんですよ。

 

これからは還暦オヤジと”おっさん”がそれぞれの会社のリーダーとして付き合っていくわけですが、さてどうなりますかね・・・

 

 

でもその前に、重大な事が・・・

 

・・・ ”おっさん” に事件が!・・・・・・・・

 

お客側の会社のリーダーさん、つまり”おっさん”がやってくれました。

法令違反になるようなことをやってくれちゃいました。

 

詳しくは言えませんが、ある意味自分の違反行為を堂々と履歴に自書してました。

 

つまり悪気があったわけではないと言える類の物と推測されますが、しかしながら、そんなミスは堂々としないだろう!というレベルの初歩的な内容。

 

これはミスとしてはあまりない、と言うか、新入社員でこの業界のことを何も知らないでやってしまったレベルのミスなんですよねぇ。

いい年こいた、経験者と言っていい人のミスじゃない。

 

しかも、ミスが発覚した日は”おっさん”は年休取得中で出社していなかった。

よくありますよね、自分がいない時に限ってこう言うことが起こる・・・

 

これからこの件についてもっとキチンとした調べが行われると思いますが、ひょっとすると看過できない事態ということになるやもしれません。

 

・・・・・と言うことは・・・!?

もしかして、”おっさん”も配置換え・・・・・!?

 

あり得なくもないかも。

社内ルール違反ではなく法令違反。

 

然るべき部署に報告され、事によると制裁の対象にすらなり得てしまう。

 

まぁ、そこまでにはならないと思うんですが、事が事だけにねぇ・・・

 

だって許してしまうと多少の事は大目に見るようになってしまいますから。

やはり罪は罪としてという事になるのが常識的判断というものでしょうね。

 

 

店長の転勤と”おっさん”の法令違反。

私は以前に両方とも取り替えた方が良いかもしれませんと書いた事があります。

まさに今、そうなる事になる可能性が出てきました。

 

本来的には店長はまだ良かったんですが、”おっさん”は早く替わって欲しかった。

やはり人としてという部分で尊敬できない。

仕事で嘘をつく、相手の非難はするが自分には恐ろしく甘い、仕事も良いとこどりばかりで部下になる人に面倒を押し付けている、等々目に余るものがありました。

 

それは”おっさん”と同じ会社の方も認める所であり、あまり良く思っているような発言を聞かなかったですね。

むしろ何でこんなに酷いんだろうと、分かっていたにも拘らず、改めてその酷さに考えさせられていた表情でした。

 

だから、もしかしたら私が願望として抱いていた両方とも交代させることが叶うことになるのかもしれません。

 

ただ、相手の会社の人事異動は既に出してしまっているので、もし出たとしても不定期の異動という格好になります。

となるとそこまでして異動とはならないのかなと言うのが一般的かと思いますので、まだ暫くはいる可能性の方が高いですね。

 

 

しかし、そんなこんなで人が代わり、様々なことに変化が起こってきそうな雰囲気がでてまいりました。

業績が思うように伸びない中で、新型コロナウイルスによる景気悪化で更にやりづらい状況になってきます。

 

そんな中、ここではちょっとした変化が起こってきました。

これをある意味大事にしていきたいと思います。

 

この変化を私や職場にとって良い方向にしていかないといけないですね。

幸い、まだ始まって間もない店舗ということもあり、この酷い環境がお客様に大きな被害となっていない事も私たちに見方しています。

 

私は結果的に良い方向へ向かって行っていると感じています。

 

転勤する店長にはそれはそれとして入社して以来お世話にもなりました。

別の店舗に行かれても、持ち前の明るさや積極性、これまでのご経験を活かし頑張って欲しいと思いますし、次の店舗での成功をお祈りしています。

 

また、次の店長も人と成りを分かった人なので、今後はもっとこの店舗を盛り上げていき、成功していこうと思います。

 

仕事はこれからも続きますし、世界のこの難局もまだ続きます。

そういった意味では今後も様々なことが起こると思います。

 

そしたらまた記事にしてアップいたしますのでよろしくお願いします。