株歴30年生の雑感ブログ

株式相場と資産運用と転職の雑記ブログかな

MENU

50代の転職事情

こんにちは

 

まだ転職先の会社で働いています!

いくら何でもこれで辞めたら早すぎる。

 

辞める気もないですけどね・・・

 

前回愚痴るように書いてましたが、一方でその状況も楽しみますよとも書きました。

 

まぁそんなに楽しめる程のものも無いんですが、1つありました。

 

あっ、もう1つあったかな⁉

でもそれはもう少しよく見て行かないとダメかな・・・

 

また1人転職してきた人が入ってきたんですよ。

その話はまたにします。

 

今回は、人のいい感じの方が切れた件。

これについて書いてみたいと思います。

 

私の職場で店長役がいるんですが、その人と共同で仕事をするもう一方の会社のリーダーは当初から馬が合わずいがみ合っていたんですが、その横で従順な雰囲気を醸し出していたもう一人の別会社のおじさん社員がいるんです。

 

業務や商品知識を気のいいオジサンが学ぶ側だったため、オジサンは店長の言うことをよく聞いていました。

それはそうですよね、分からない事を教えてもらっているとなれば、普通は教える側の方が偉そうになり、教わる方は弱い感じになります。

 

気のいいオジサンはそんな関係性にも耐えているのか、単なるマゾオジなのか正確には分かりませんが、まるで主従関係にでもあるかのようにしていました。

 

一言言っておきますが、何だかんだと言っても、仕事の事情で顧客側はオジサンです。

 

なので本来気を遣う側は店長となります。

 

この関係が付き合い方で逆転してしまっていたんです。

 

何度も言っている通り、我々はもうほとんどの構成員が50代以上の人間ばかりです。

人付き合いの仕方も分かっている、経験値のある人ばかりです。

 

そんな背景がある前提で一緒になって仕事をしているハズです。

 

ですから周りの人は気のいいオジサンは自らの意志で店長との関係を保っているものだと思っていました。

 

しかしです、ある時事件は起こるんです!

 

ある日の夕方、都合により相手の会社2人である現場をやってもらう事になりました。

仕事の都合上そうなっただけなんですが、気が付くとその組み合わせは滅多になかったパターンなんです。

 

いつも夕方に用事を作っては直帰したがるおっさんは、今回も当然の既得権のように直帰すると言います。

最近では店長は反発をしなくなりました。

やる気のないおっさんは却っていない方がせいせいすると思うようになったからです。

 

そして気のいいオジサンは店長が戻ってくるのかという問いに対して明確に「戻ります」と返答しました。

このことは私もはっきりと聞きましたので間違いありません。

 

そうして、相手方の会社員2人は一緒に夕方からの仕事に出て行きました。

 

私の勤める会社は、若干仕事の終える時間に関しては管理が甘く、終わりが遅くなりがちです。

大したこともしていないのに帰らない。

所謂、だらだら残業です。

みんないい年こいている、つまり人生の残りの時間はそう多くは無いのに、無駄に若い奴のように会社に残る。

それが癖になっており、店長などは美徳くらいに思っているようです。

 

適当に時間が過ぎ、外出した2人の内の1人(おっさん)から電話が来ました。

「仕事が終わったので帰ります」と言いました。

店長はそれを受け電話を切りました。

 

切った後、店長は「もう一人がどうするのか聞くのを忘れた~」と言います。

「二人で行って終わったって言ったんだからもう一人も帰ってるよ」と周りの人も言います。

「でもでも、普通はそうだけど、はっきりと帰るって言ってたよね?」って私に向かって同意を求めてきます。

私もはっきりと聞いた手前、「私も戻ってくると聞いたよ」と答えます。

 

「じゃあどうする? 戻るって言っていたのに、もし帰ってしまったら多分怒るよね」って話になります。

 

行先を書く掲示板にも「N.R.」と書いてあるし、きっと帰ったとは思う。

けど、戻ってくるとも言っていたからね。

さあ、どっちだろうと言っていたんです。

 

電話があってから小一時間経ったので、これ以降はないからやはり帰ったんだよってことになり、オジサンに電話しても出ない事からその日は帰る事にしました。

 

そして翌日、私がいつもの時間に出社します。

すると、いきなり険悪なムード。

いつも自虐的に振舞っていた気のいいオジサンが切れてます。

「ふざけんじゃねぇよ。人が黙って言う事聞いてりゃ言いたいこと言いやがって!

 何で俺ばっかり言うんだよ。いつも帰ってるのは向こうの方じゃないか!何でたまに直帰したこっちに向かって『何で帰ったんだ』って言うんだよ。そうゆうのをパワハラって言うんだろ!馬鹿にすんのもいい加減にしろ!」

 

お~~

ぶちぎれてんな~~

あの件か~~

 

私は本当の意味では店長がそう言った現場にはいなかったので見ていなかったんです。

でも切れたところは丁度出社したところなので出くわしたんですね。

 

まぁオジサンの言うことももっともなわけですよ。

なにせもう片方のおっさんは直行直帰が多いんですよね。

それに対して気のいいオジサンはそんな事一度たりともないわけです。

 

そのオジサンがたま~に直帰した時に限ってそう言われたもんだから、切れたんです。

 

外見的には、言いやすいオジサンに対する態度はもう一人のおっさんと比較したら歴然の差があります。

同じことをして何も言われない人と言われてしまう人がいたらそれは指摘されたら、言った方の負けです。

 

店長は少し驚いた感じではありましたが、「そんなに怒らないでよ、だって昨日は戻るって言ってたじゃないですか。だから少しからかった感じで言っただけでしょう?」

と言います。そう言われたオジサンはさらにヒートアップしてこう言いました、

「いつもへらへらしてんのは我慢してんだよ、そんなのも分かんね~で言いたいように言いやがって!じゃあ何でもう一人には言わないんだよ!おかしいだろ!」

と言って怒りが収まりません。

たまたま朝から出かける予定だったオジサンは怒り心頭のままさっさと出かけてしまいました。

 

そんな騒ぎがあった5分後くらいに「直行直帰おっさん」が出社してきました。

たまたまですが電車が遅延してしまい、通常の時間に来れなかったんです。

 

そして朝の会議が始まります。

連絡事項を確認しているとおっさんの携帯がなります。

オジサンからのようです。

遅れて来たおっさんに事の顛末を話して本部にも報告するとオジサンが言ってきたのです。

おっさんは我が意を得たりと言わんばかりに店長を責め立てます。

不断から店長を嫌っているおっさんからしたら不満をぶつけるチャンスです。

 

色々と言いたい事はありましたが、店長もここは引き下がって聞いていました。

 

気のいいオジサンは一仕事終えて会社に戻ってくると、さすがにお客さんを相手にしてきたことで気持ちは収まっています。

むしろ声を荒げた事に対してはみんなにお詫びしていました。

 

夕方になりその日の仕事が終わり、帰り道が同じ方向の私はオジサンを飲みに誘いました。

一応労った方がいいかなと思ったからです。

 

以前オジサンが言っていたオジサンの最寄り駅に隣接する立ち飲み屋さんに行く事になりました。

その店は帰り道にあるけども1人では入りにくいかなって言っていたのを思い出したためです。

 

オジサンも例のごとく断らないので、じゃあと言う事で行く事になりました。

 

お店に行くとまだ他のお客さんはいなかったので立ち飲みとは言え貸し切り状態です。

マスターにお酒を頼むと、話題は次第に店長のことになりました。

 

実は前から嫌だった、だけどおっさんと仲が悪いし私まで悪くなったらマズいかと思っていたので我慢はしていたと言うのです。

それは悪かったですねと同じ会社の人間として気が付かなかった事を謝りました。

 

そして、仕事面でもオジサンはそもそも畑違いの仕事をいい年になってやらされる事になって、中々思うようには仕事が覚えられないし、そこを教えてくれると言うから多少の我慢もしたと言います。

実際にかなりの回数で一緒に仕事をしていましたが、知りたいことについてはほとんど教えてもらえなかったと言います。

そのくせ何かあるといい加減覚えてくださいよ~などと言ってくるらしいんです。

 

「それは酷いね、でも誰にも相談されなかったの?」と聞くと、同じ会社の横に座る上司のおっさんには言ったと言います。

 

そしておっさんはそのまた上に報告はしたということみたいなんです。

 

それじゃあ、言っただけで店長には何も話していなかったと言うこと?

と聞くと、多分そうだと言います。

 

パワハラした店長も悪いけど、おっさんの対応も酷いもんだねと私が言うと、オジサンもそう思ったらしく、言っても何もしてくれないと嘆いていました。

 

その日はそこら辺で切り上げて、また明日から何とかやって行きましょうと話し、その場は解散となりました。

 

そして翌日

 

皆さん大人なので、特に変わった様子もなく通常営業に戻り、淡々と仕事をします。

みんながそれぞれ仕事をして時間が経過し、終業時間がきました。

 

何となく一人帰り、2人帰りとしていると、私と店長だけになりました。

 

店長は私に話しかけてきます。

「昨日の件なんだけどさ、どうしたもんだろう?」と聞いてきます。

 

私は「あ~ゆ~風になってしまった以上、言いたい事もあるだろうけど、今時はパワハラだ、セクハラだって言った方が分がいいから、あなたは取り敢えずは謝罪しておいた方がいいよ」と言いました。

 

店長は「やっぱりそうかぁ。でも今回の件はオジサンの勘違いだよね。戻るって言ってたもんね?」と聞いてきます。

 

「それはそうだけど、あれは単なるきっかけで、これまでの事があっての事なんだからね。そういう意味で不快にさせた事へのお詫びとするべきだろうよ。」と言いました。

 

 「分かりました。では謝罪は謝罪として明日にでもしておくことにします。しかし、私のこれまでのオジサンとの付き合い方って、パワハラかなあ・・・俺はそんな風には思っていなかったんだよなぁ。」と言って自分の行為を肯定しようとします。

 

「だってこれまでずっと一緒にやってきてね、声を荒げたり、ましてや暴力行為なんて全く無いし、言われてみれば車の運転に茶々を入れたとかはあるかもしれないけど、それもこれまでの会話の中では冗談半分で言っていたものだしね。」と言います。

 

言いたい事は分かるんです。

でも今大事なのは、早くそのような状況を解消する事。

そして、私が見ている限りでも、あなたの態度が明らかに上からだった事はあったと話し、店長にも非はあるよと諭しました。

 

さすがに同じ会社にいる私に言われ、店長は少しは納得したようでした。

 

それでも自分が悪くない点を強調しようともごもご言ってます。

 

「店長さあ、何も悪くないと言えるなら謝る必要は無いし、むしろ戦うんだったらそうしたらいい。だけど、前にもオジサンはそういった事を本部にも伝えているようだよ。そういった経緯があっても自分を通せるなら戦ったらいいんじゃない?」と私も少し突き放す様に店長に言います。

 

「いや、私が悪いのは分かっているので、事をこれ以上荒立てようとは思わない。だけど、これってパワハラ?何がパワハラなのか理解できないところもあるんだよね。」と言っています。

 

「悪いのは分かるけど、理解できない?何言ってんの?」

 

「そうじゃなくて、不快にさせた事は悪いと思うけど、不快になった事の原因はパワハラには当たらないと思うという意味」と言うんです。

 

「じゃあなに?パワハラでなければなに?」

 

「いや気分を害させたことは悪いんだけど、私のとった行動や言動はパワハラではないと思うんだよ」と言います。

 

「だからなに?」

 

「だから、単に不快な気分にさせただけ」

 

「不快になった原因がパワハラだってことでしょ」

 

パワハラと言ったって、これまでは言葉の掛け合いみたいな会話だったじゃん。その流れで多少の行き過ぎはあったかもしれないけど、パワハラとは違うと思うんだよね。今さらそう言ってどうにかなるもんでもないけどさ。」

と言って、なるべく私にでさえ今回の事は問題は自分にあるがこれは「パワハラ」ではないと言いたいようだ。

 

だんだん私は話を聞いているのが馬鹿らしくなってきたので、一応言いました。

「あのね、パワハラでもセクハラでもモラハラでもなんでもいいの。兎に角、非を認めるなら認めなさいよ。それが違うとここで私に言われたって、どうにもならんでしょ」

「それから、この件であなたが悪かったと認めるという事は、イコールおっさんの追及や責めがまた出てきやすくなったと言うことなんだから、むしろそれに対応する材料なんかを集めておかないといけないんじゃないの?」

「それから、元はと言えば、オジサンとの行動が多くなったのも、おっさんとの関係が悪化したからでしょ。その意味でオジサンは被害者でもあるんだよ。それから、戦うならおっさんの事もきちんと攻撃できるだけのものを持っておかないとダメだよ。」とも言いました。

次善の策を考える方向に話を持って行ったわけです。

 

店長は遅い時間になってしまった事を私に詫びて、今日はもう帰りましょうと言ってきました。

もう一人の若い社員はどう言ってるんですかと聞くと、店長はこう言いました。

「あいつは今回の事はパワハラとまでは言えないと思うと言ってたよ。それほど大声を出したわけでもないし、何かを強要したという事もない。あれでパワハラなら言ったもん勝ちみたいに思えるってね。」

 

私はやはりこの前職が同じ2人は当然だが仲が良いんだなと思いました。

若いのは前職時代に店長の部下であった事もあるようなので、きっと店長の性格などをよく分かっていたのでしょう。

若いけど比較的冷静で、他人に対しても怒るという事や非礼な振る舞いをしない人間です。

コイツが言うんだからある程度そうかもしれないなって思わせる人間です。

 

偉いのは自分なりの分析ができて、分かりやすく相手に伝えることができる点。

しかも毎日ですが、店長が朝から晩までそいつの名前を呼び倒して何でも聞きます。

さすがにそれが酷い時はいい加減にしてくれって態度になりますが、私からすればよく耐えていると思いますね。

とにかく朝出社してからそいつが帰る直前まで、何かにつけて頼りっぱなし。

若いのによくやってるなって感心します。

 

その若いのがやはり店長の方を持ちます。

しかもオジサンがパワハラを宣言した事は重罪だとも言います。

何故かと言うと、今の時代、パワハラで訴えられたらその人は最悪職場を追われるかもしれないからです。

そうしたら転職してきた店長は路頭に迷う事になります。

そんな事が想定される事態になった場合どうするのか、いい年こいた人間なら分かるはずだと言うのです。

しかもパワハラではないとまで言う。

その理由は、これまでの二人の関係を見ている限り、言葉的に少々酷い言い方の時もあったかもしれないが、そういう時にオジサンは冗談っぽく受けていたし、一緒に行動していてある種楽しそうにも見えた。

それにもし嫌だったら、パワハラと感じていて冗談じゃないと思えるならいくらでも言えたはずだとも言います。

 

だからパワハラじゃない・・・???

 

私は初めてこの若い社員の言い分に違和感を持ちました。

「それはちょっと違うんじゃないかな?」

私が見ている限りにおいて、ほぼ全場面で店長のマウントが目立っていた。何かにつけ分かっていないことを論ってコケにするような言い方だった。

冗談で過ごすようにしていたのはこれ以上関係を悪化させない為であり、オジサンが我慢していた事は否めない事実だと思ったからだ。

それを若いのは、オジサンは仲を良さげにしておいて、今回の様な急変ともいえる態度の変化はおかしいと言う。

これはある意味嵌めたのではないかって言いたいようにも聞こえた。

 

あのオジサンがそこまで考えられるタマとは思えない。

そんな芸当が出来るとしたらもの凄い名俳優だ。

 

だから例えおっさんと共謀しているとしても、多分あの人にそんな演技は無理だとも思いましたね。

 

そんなこんなで3人で飲みに行ってみて、今後の相手の会社さんとの付き合い方や、今後の対応について話したわけですが、取り敢えず当分の間店長とオジサンは別行動とし、私がその代役となる感じになりました。

 

 

他愛も無い中年オヤジの揉め事でした。

しかし、話はまだ尾を引きます。

それはまた掲載させていただきます。