heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

50代の転職事情

ついに内定!

 

ついに念願の内定をいただきました!

 

 

お礼から

 

まずはこの度首尾よく内定をいただけた事をご報告させていただきます。

そして、何よりも申し上げたい事は、私を適切な方法で内定へと導いてくださったあるエージェントさんへの感謝です。

社名やお名前を実名で公表したいくらいです。

就活当社、私は故意ではなく、就活を舐めていました。

と言いますか、やり方を知らないくせに自分勝手に応募などをして書類選考で落とされまくるという愚行を繰り返していました。

そんな中、ある会社の応募に際しお世話になったエージェントさんとの出会いがあったわけです。

履歴書・職歴書をメールで送ってくれと言うので、言われた通り送りました。

すると暫くたって返信が来ます。

 

お客さん気分でいた私に、早速のダメ出しです。

 

この時期の私は書類選考は落ちまくるし、違うエージェント達はいい加減だし、終活自体に少し嫌気がさしていました。

 

そんな気分の中でダメ出しを食らったので、「俺が悪いのか?」と思い少し気分を害したんです。

でもそんな事は関係ないとばかりに、「こんなんじゃ書類選考に通るわけがない」と冷たくあしらわれたんですね。

 

そして、

「良いですか?物事何でもやり方と言うものが有るんです」

「正直、自己PRも志望動機も自己紹介も全部重要なんですが、全部だめです」

「自分では上手く書いたと思ってらっしゃるかもしれないけど、あなたの一番まずいところは、文章が口語体であることです」

「履歴書などの文章は他のレポートなどとも違い、書き方や文が若干堅苦しいような文体になります」

「あなたの物はほぼそういった意味において全滅です」

と、はっきりと言われました。

 

言われた直後はさすがに気分の良いものではありませんが、しかし就活をよく分かっていない私が専門家に勝てるわけもなく、黙って聞く他ないわけです。

そして、一度会社に来てと言われ、都内某所なんですが、行く事になりました。

 

会ってみると、細身の方で年齢は私よりも3才くらい上の方でした。

会って話していると、その人はある種の信念を以てこの仕事に取り組んでいらっしゃるんだなぁと思わされました。

そして、大手人材会社のここ何年かのやり方に対して大いに反発心をお持ちでした。

雑談を交えながら、それが営業トークかもしれんなと思いつつも、それでも自分が担当する以上は確りとした会社と確りとした求職者を結びつけるために尽力しますと言われてました。

これまでに話してきたエージェント達とは全然違うなと思いましたし、話していて誠実さを感じたこともあって、私はこの人の世話になろうと思ったのでした。

 

そしてこれまでの記事にも書いたと思いますが、その都度その都度受ける指摘について徹底することで結果的に内定をいただけることができました。

 

残念だったのは、内定をくれた会社がこのエージェントさんの案件ではなかった事です。

実際にはこのエージェントさんからいただいた案件は2次面接まではいったんです。

しかし、相手の求めるものと私のスキルや経験が微妙にずれている事が落とされた原因でした。

世の中上手く行かないものですね。

できたらそのエージェントさんからいただいた案件で内定が欲しかったんですが・・・

これも運命なんですかね。

 

そしてエージェント案件でも感触は良かったので期待はしてたんですが、先方の選考が私ではなかったという事だったわけです。

最初の案件も1次面接で落ちたんですが、雰囲気は良かったんです。

でも、先方様は、私が大手出身なので、その内飽きて辞めてしまうのではないかと思ってしまったようでした。

 

こういったミスマッチと言うか、ズレと言うか、合わない感じで選ばれない事はままある話で、以前にも書きましたが、いわゆる「感性」の部分なのでどうしようもないみたいです。

 

そんな事もあったので、余計にエージェントさんの紹介案件で内定をもらいたかったですね。

 

そうすれば、もっとこの記事は美談で終われるんですよ。

まあ、仕方ないですけどね。

あのエージェントさんには何もインセンティブが発生しない事になるのが、何とも心苦しいのです。

 

内定をいただいた会社は、2次面接をしていただいた会社です。

私のこれまでの経験が活かせそうな会社に決まりました。

結局詰まる所、行くとこへ行ったとゆうところでしょうね。

 

ただし!

やってみないと上手くいくかは分かりません。

会社も人も環境が全て変わるわけで、どこでもそうですが、やってみなければ本当の事は分からないです。

ですが、面接その他就活し関わった会社を一通り見ると、収まるところに収まったと思うんです。

 

振返りと言う事で、就活当初から見てみたいと思います。

まず、異業種。

自分本意でただ面白そうとか、できるんじゃないかとか、まぁ分かってなかったです。

これは軽作業のバイトをやってみて痛感させられたわけですが、やった事ないんだから出来るわけないだろってゆー当たり前のことを、やってみて知るわけです。

無職になって、どんだけ鈍ってるんだって話です…お恥ずかしい。

 

ただ就活当初は、証券業にあまり気乗りしませんでした。

せっかく辞めたのに、なんで戻るんだってね。

でも、就活を進めていくうちに分かってきます。なんの資格もノウハウもないくせに、50を超えたおっさんがどうやってそこで物になるんだってね。

あたり前田のクラッカーですよ。

夢見ちゃうとまでは行かないけども、証券以外の会社に行って、株を続ける事を考えていましたから。

まあ、それも間違いではないんです。

給与が高い所を選ばなければね。

 

会社員になり通常の日勤業務に従事するなら、1日の大半を会社で過ごすわけで、そうなると高給を望んでしまったんですね。

それが無謀だった。

要は、株を続けること、会社員になること、この両方をやれればいいなと、そう考えていたわけです。

しかし、そうは上手くはいかないですね。

株をやるには証券業に就くことは無理です。

だから、異業種を選択したわけですが、もう少し現実的になるべきでした。

 

こうして最初の目論見は呆気なく崩れ去ります。

でも、全てにおいてダメだったわけではなく、いい点もありました。

それは、異業種を選択した事で様々な会社を見ることができた事です。

 

上場企業への就職はほぼ無理だろうとさすがに思いましたので、そこまで大きくない会社を選んでは見ていました。

特に営業系の仕事をメインに見ましたが、見てみると一口に営業と言っても業種の数だけやり方はあります。

 

商品によっては大変優秀な物もあって、それだけで強みを持つ会社もありました。

でも営業として入社する際は、20代の新人と同じスタートラインでヨーイドンですが、大丈夫?と言われました。

もちろん「大丈夫です!」と答えました。

したし、話を聞くと、営業の仕方はかなり違うなとは感じました。

 

また、別の会社では、中途採用の面接の前に筆記試験をしました。

あまり試験の経験がない私は、

「どーせ、一般常識問題だろう」

くらいに思っていました。

そしたら計算問題ばっかり!

ほぼ全滅だったと思います。

 

就活を普通にしていれば、SPI対策は当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

 

してなかったんです…

 

相手の会社でタダでさえ緊張しているのに、苦手な数学が出てきただけで、頭は真っ白です。

 

「あ〜  終わったわ」

 

その後の面接はも〜気が抜けた感じでしたね。

面接官の女性にも、全然ダメだったのでも〜無理だっぽい事を言ってしまいました。

 

当然ですが落選です。

 

まだ色々とありますが、あのエージェントさんに出会うまでの私の就活は、ほぼ就活とは言えない代物でしたね。

思い出すと恥ずかしい限りです。

 

御利益

 

話は変わりますが、皆さんは神頼みを真剣にした事がありますか?

私は今回、神頼みをしました。

行った先は、神田明神  です。

 

何故、神田明神なのか?

 

実は、私には娘がいます。

何年か前に上の娘が就活をしてました。

新卒での就活です。

 

あまり高望みをしなかったのか、理由は定かではないんですが、中小企業を多く受けてました。ところが、どこも落ちまくり。

日に日にやつれていき、戦意喪失です。

 

そんな中、うちの奥さんの勧めだったと思いますが、神田明神にお参りに行ったんです。

 

そうしたらなんと、東証1部上場企業でその業界では最大手から内定をもらえたんです。

 

家族揃って喜びましたよ。

本当に自分のことの様に嬉しかった。

当然、お礼参りもさせていただきました。

 

その大明神様に今度は私もあやかりたいと思ったわけです。

そりゃあ   神頼みもしますよ〜

就活をした以上、内定は欲しいですから。

 

そしたら本当に内定もらえたんです!

マジで超御利益ですよ!

まだ鮮明に覚えています。

(当たり前か!)

 

まだ日中は猛暑の中、都内某所へ面接に行く予定があったので電車に乗ってました。

「外は暑いんだろうなぁ」なんて思いながら乗ってましたが、ふと思いついたんです。

「そうだお参りに行こう」ってね。

そう思った事が今考えるとすでに神がかっていたのかもしれません。

と言っても実は、最初水天宮と言う処へ行こうとしてました。

そこじゃないかと勘違いしていたのと、電車的に近かったからなんですけどね。

奥さんにお参りに行ってくると言うと、水天宮じゃなくて神田明神だよって指摘されました。あんた妊婦じゃないんだから。

お恥ずかしい・・・

完全に取り違えておりました。

そんな事もあって、神田明神に行くんですが、これがお茶の水で降りればよかったんですが、秋葉原から歩いたんです。

それも昼時に。

暑かった~

これから1次面接に行くと言うのに、汗だくになってしまいました。

これはヤバいと思ったんですが、途中で引き返すわけにもいかず結局大汗かいて神田明神でお参りを済ませました。

参拝後はお茶の水に行って電車に乗ったんですが、なるべく涼しいところに行って体を冷やしました。

 

成果はいきなりやってきました!

 

目的の駅に着いて面接する会社へ向かおうとしている最中に例のエージェントさんから電話が入るんです。

「あ、今大丈夫ですか?さっきメールしたんだけど見てくれた?」

「いえ、外出中で見ていません」

「そうなんだ。例の証券会社から連絡があって、書類選考に通ったよ」

って言うんです。

「えっ、通ったんですか?ありがとうございます」

「なので面接の日時の希望をすぐに出した方が良いから連絡したんですよ」と言われ、1次面接の希望日時を3つくらい出してくれと言われて、すぐに対応したんです。

 

しかも、そのあとに行った元々の外出した目的である会社さんとの1次面接も、もうその場で社長からどうですか一緒にやりませんかって言われたんですよね。

こっちは少し話が早すぎると思って即答はさけたんですけどね。

その日は嬉しかったですよ。

お参りしていきなりですもん。

1次面接を通過して事実上の内定と、名前は有名な中堅どころの証券会社が書類選考をしてくれたんですから。

 

本当に娘といい、私といい、神田明神さまさまですよ。

私の場合は行ったその日ですからね。

やっぱろ日ごろの行いかな⁉

 

少し就活とは話が逸れたかもしれませんが、でも偶然だろうが何だろうが、一応自分が働いても良いと思った会社から内定や面接の確約をもらえるなんてすぐには期待しないですからね。

 

無事に入社が済んだら、早速お礼参りに行かせていただきます。

 

 

これまで、つらつらと思ったまま転職活動の事について書きなぐってまいりましたが、内定をいただき、私自身もここの会社で頑張ってみようと思いましたので、一旦は就活を終えようと思います。

しかし、勉強になったことは今後も継続出来たらなと思いますので、やり続けようと思うんです。

 

それは転職情報を今後もチェックしていく事。

その情報から自分は今どうなんだと客観的に自分の価値が分かるようにする事。

ブログも継続する事。

さらに軽作業のバイトも出来得る限り継続していく事。

以上の4点は今後も要チェックで行こうと思っています。

 

新しい情報やかける内容が出来た場合には不定期ですが、またアップしていきたいと思います。

50代でブランク2年、そんなに簡単ではありません。

でも少しでも何かのお役に立てば幸いです。

 

今度は入社後の会社の仕事を記事にしようかな・・・