heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

50代の就職事情

50代の就職事情

これからの就職はやはり厳しい

 

はじめに 

こんにちは

私は50才を少し越えた無職のおじさんです。

前職は証券会社勤務で営業でした。

親とか色々と事情があって会社を辞めました。

一応、早期退職制度で円満退職でございます。

 

辞めてから1年が経過し、改めて社会復帰しようと試み始めました。

最初はやはりネットで求人情報をパラパラと見る程度。

これまでに転職経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、

私はご丁寧に約26年もの間、1社で過ごして参りました。

しかも営業一筋。

自分で言うのもなんですが、それほど出来ないわけじゃないと思ってます。

ちゃんと在職中は社内で社長賞なんかもいただいてました。

 

でも、それとこれは全くの別物。

 

辞める前、再就職は厳しいと言われていました。

しかも50代でブランク有り。

たいした資格があるわけでもなく、マネージャー経験者でもない。

しかも経験職種は営業のみ、人事・総務・経理などの本社機能の経験もなし。

つまり営業バカ。

証券会社にいると世間とは常識が異なります。

営業が一番なんです、本部スタッフは営業のためにあるんです。

現実はむしろ逆、営業よりも事務経験の方が職はあると思います。

 

50才以上はその道に行くか、何か資格を取っておくか 

実際に証券会社の求人を見てみると、事実上40代までとか20代が中心ですとか、書類選考に残れる件数自体が多くない。

じゃあ同業がダメなら異業種戦だあ、とばかりに未経験となる職種や業種にチャレンジしようと試みるわけです。結果これも惨敗・・・書類がまず通りません。

やはり前職と異なる業種に行くのなら、何か使える資格の1つは持っていないと難しいのではないでしょうか?

就職の為の資格と言うとそれぞれの業種で必要な資格が異なるので一概にこれとはいえません、しかし就職までのある期間、アルバイトなどで生計を立てるという方も多いと思います。そんな方向けには次のような資格が比較的取りやすいのではないでしょうか?

難易度が低い処ではフォークリフトとか警備とか、ちょっと軽作業的な感じになっちゃいますが、正社員として希望の会社に内定をもらうまでには日数がかかります。

なのでそういった資格を取っておくと時給が違いますし、案件が多いです。

だって就職することがメインの目的なのに、資格を取るのに半年とかスクール行ってとか余裕があるんでしょうか?

余裕ある人はそうしたらいいし、そうする方が良い結果になるんじゃないかと思うんですけど、時間もお金もそれ程余裕が無い人向けにはその方法がまだ良いかなぁと思います。

 

一方で、今は世の中正社員だけが正義ではないです。

働き方改革なんて言ってますしね。

でも実際にいただける給料はやはり正社員の方が良い場合が多いのではないでしょうか?

まあでも、バイトでもそこで何年か働いて、時給1,000円位から始まり2,000円になっているフリーターの方もいるし、そういう会社さんもあります。

私の聞いた話では、やはりイベント系であっちこっちの会場の設営とかをお手伝いする下請けの会社さんですが、5~6年やっている30歳前後のバイトさんは時給2,000~2,500円じゃないかって言ってました。

それなら週5日出勤で平均8時間、時給2,000円でも月に32万円です。

2,500円なら40万円です。

もちろん、ここから税金や保険、年金などを支払わないといけませんので、可処分所得は良くて25~30万円でしょうね。

しかし、最初は1,000円程度だから月にしても全然もらえません。同じ時間働いても16万円です。

最初の1年とかこれで耐えられるなら良いかもしれません。

まあ人それぞれ事情や考えがあるので、何が正解かって言えば分かりませんけどね~。

 

そうすると

やはり同業種で再起を図る方が無難であり、職も見つけやすいのではないでしょうか?

そして同業と言っても、会社が違えば文化や社風も違います。

前職と同じ処遇は受けられないと思いますが、それでもある程度は実績があるので、年齢的なことも踏まえた給与を支払っていただけるケースが多いです。

なので同業は嫌だと頑なに考えず、同業ではあるが別会社なのでそれはそれで検討の価値はあると思ってみてはいかがでしょう?

 

次回は、実際に就職活動をする時に人材紹介会社をどう使うかについて話したいと思います。

ありがとうございました。