heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

NYダウ 史上最高値更新!!!

おはようございます

 

ついに、高値更新しました。

NYダウ・NASDAQ・S&P500揃って史上最高値を更新しました。

おめでとうございます!

NYダウ  +179.32  26966.00 前高値 26951

NASDAQ  +61.14   8170.23       8164

S&P500  +22.81   2995.82       2945

VIX指数  -0.36    12.57

凄いですね、明日と言いますか今晩は独立記念日で休場にもかかわらず、このお値段。

米中摩擦とかイラン制裁だとか北朝鮮だとか言ってる間にすっかりお膳立てが出来上がっていて、気が付けばVIXは12P台、暗号通貨も上昇、欧州株も上昇、そして当然であるかのような高値更新。

日本で暮らし日本株を中心に動いている人間にとってこの景色は遠い国の話です。

史上最高値なんてここ30年余り考える事すら憚られる数字です。

米国株はこれから今年の年末くらいまでに取り敢えず28000ドルを通過点として大台の30000ドルを目指す事になりますね。そして1年から1年半かけて36000ドルですか、これくらいを目指す事になるかもしれませんね。

とてもざっくりしてますが、NYダウはこの約1年半24500ドルを真ん中にして上下2500ドルの範囲を行ったり来たりしてました。この間一時的に大きく下落する局面もありました。もう終わったと思った方も多くいたと思います。私も損を伴ってそう思いました。しかし、昨年の12月を底にして信じられないくらい大幅に上昇し今回の高値更新に繋がっています。

まるで2014年から1年半の期間のようです。高値安定で時々ショック売りが発生、そしてそれは底値形成のきっかけにしかならず、大量の損切を伴って新たな上昇の起点となってました。相違点は上昇が始まってからの上昇角度ですね。2014年の時はそれまでに比較的なだらかな上昇でした。しかし2016年夏からの上昇相場は、2018年1月に最初の高値を付けるまでの上昇角度は結構な急角度だったと言う事ですかね。もっともそこから1年半と言う期間を要して高値更新に至ったので、問題は何も無いと言う事なんですが、違う点と言えば罫線的にはそういうとこですかね。

と言う事で米国はこれからも比較的順調な相場が期待できるんですが、そうは言っても常に気を付けないといけません。そう、暴落は突然やってくる。暴落は起こってしまえば、あ~あの時にサインが出てたじゃないかってなるんですが、起こるまでは分からない。難しいのは、そうなった時に株価が安く買えると思って買うか、ここからまだ下落すると思って切るか、正解は誰にも分からないと言う事です。

今のところ金利と株価の関係は通常の状態ですよね。株価は金利上昇に弱いと言われます。なので水準自体が低い上に利下げ観測があるので株価が上昇するのはその点で理に適っていると言えます。原油も一時よりは上がりましたが過去の高値などからすればとび抜けて高いわけではないと思います。金価格や商品価格などからも株価は割安ではないにしろ日本のバブル時の様な高金利状態などではないです。

そう考えると経済と政策という観点ではあまり暴落は考えにくいと思います。

だとするとやはり政治的な問題が勃発するか、例のドイツ銀行などの欧州金融機関問題再燃とか、中国を始めとした新興国などから発する先進国との軋轢などが要因になるんでしょうか?もしくは人間ではどうしようもない天変地異。

結局は何がきっかけで話が急速に巨大化・深刻化して株価が一気に、嘘のように下落するのかは分かりません。しかし、高値であることに間違いはありません。

当たり前の話ですが、日本株と違い、米国株は今が最高値ですから過去の下落局面で買われた方は、時間がかかったかもしれませんが、みんな儲かってます。その時は買ってから下落してやっぱりダメかと思う時期もあったかもしれません。しかし、現物で保有していれば必ずお迎えが来ました。更に保有し続ければ株資産は大きく増えました。

良く言われますよね、日本人と米国人の裕福さの違いはここだって。

なので将来何かが原因で下落した際は、基本買い場探しのスタンスでいるべきなんでしょう。もちろん早10年間上昇相場を続けてることも頭の隅に置きながらね。

兎に角、高値更新した後は一気に駆け上がるか、ズドンと一度下がるか、どちらかである事が多いので気を付けて行かなければいけません。その中で今後の投資スタンスをいかにすべきか、今一度考えたいです。

 翻って日本はどうですかね。

CMEも若干高、為替は少し戻ったといえ107円台。韓国との騒動もあり、また未曽有の豪雨に見舞われ株式に目をやるどころではない感じです。ある意味仕方のない事かもしれません。しかし、本質はそこじゃないですからね。日本株が少しずつ見放されている感覚のような感覚ですかね。買われないんですよね。盛り上がりが無いといいますか。

なので今日も普段と変わらない相場を想定しておいた方が良いと思っています。

結論としては銘柄も変わりません。SANSANとかインフォネットとかの動きとマイブーム銘柄を丹念に見ながら入れるところで勝負するといった一日になると思います。

あとは少しだけアスクルとかアクトコールとかエスプールとか好決算だった銘柄にも注目しておこうと思います。

なので直近公開銘柄と好決算銘柄、そしてマイブーム銘柄で行くことになります。それでも監視できるのは精々10~15銘柄くらいですので無理出ず慌てず取り組みたいです。

あ~~あ、米国株でいってれば良かったな・・・

最後は愚痴でした・・・

 

さぁ今日も元気で頑張ろう!