heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

CMEは120円安ですが、サミットですね

おはようございます

 

NYは小幅安でした、一方NASDAQはしっかりでしたね。

NYダウ  -10.24   26526.58

NASDAQ +57.79     7967.76

S&P500   +11.14     2924.92

為替    +0.04      107.82

原油    -0.10         59.28

NY株式市場は一日を通して小幅な値動きでした。ボーイングの寄与度が高く指数としてはマイナスとなりましたが、その他は動きませんでした。NASDAQも数字こそ50ドル以上の上げでしたが、取り立てて目立つものは無かったと思います。

欧州株も同様に各国株価ともまちまちの展開でしたし、為替や原油も同様ですね。

そんな中、昨日の日本株日経平均が250円高しまして、1人気を吐いた感がありました。その前の晩でマイクロンの報道があったためだと思います。日本株は水準そのものが高くないため、閑散相場の中で少し買戻しが入ればその程度の上昇は簡単なんでしょうね。

トランプ大統領がまたG20のような場になって先制攻撃を仕掛けてきましたね。日豪に対してですが、米国が「面倒をみてやった」と言ってます。同盟国=属国とでも思ってるんでしょうか?そうだとすると勘違いもいいとこですね。一方で米中摩擦では一定の成果を出したいのか、まだダンマリですね。トランプ大統領のいつもの戦略だと言う識者の話もあります。どんなシナリオでG20を上手く使おうとしているのか、中国に対してどう攻略するのか、見てみないと分かりません。丁度今、台風が発達しながら日本を横断し猛威を振ってますが、我々ただの一般人としてはG20もそうならないことを祈るだけです。

今日は日経も落ち着いた感じになるんだと思います。CMEは120円ほど安くなってますね。昨日の上がりの半分くらいが無くなるイメージです。

そりゃ動けんでしょうね、トランプ大統領1人だけでも何言うか分からないのに、参加国の中には中国を始めとした米国と対立している国もいるわけですからね。米国にしたって、世界の注目する国際会議で孤立するような状況になれば、改めて株価が調整と言う事もあり得るわけで、大統領の暴走は避けたいところです。

しかし香港の大規模デモの件が焦点になるんでしょうか?

本当の論点はそこじゃないんでしょうが、中国に付け入る口実となるのであれば突っ込んでいく可能性はありますよね。ある博識な方のお話ですと、今回の改正案は米国が口を挟む権利があるようにおっしゃってました。中国は内政干渉だと通常対応してましたが、実はそうじゃないらしいです。20か国の首脳が集まってこれからについて話し合うのですから共同宣言が出せるのか、これは今回は難しいのではないかと思います。この香港の件だけとっても相いれない平行線な議論に終始する可能性の方が高いでしょうね。

 

そんな感じに相場を捉えているわけなんですが、では今日、週末でもあるこの金曜日にどう立ち回るのか?ですよねぇ。

敢えて何もせず、ノープレーで行くことも考えられますが、それじゃあこうやって書いている意味がないので、入るとすれば何で行くか?です。

昨日久々にマイクロンのおかげで上がったVテクとかスクリーンなんかは落ちちゃうかもですね。でも結構下げてましたからね、また上昇しそうなら乗ってみたいです。

最近マイブームだったACSLやロゼッタ、チーム、カオナビ、はてな辺りを狙いながら、今日は動き次第ですが先日新規上場したインフォネットなんか今日も下がったらいい買い場なんじゃないかな?な~んて思ってみたりしてるんですが、まだ早いですかね?値が付けばですが、本日上場のリビン・テクノロジーズというのもどうかなって思います。比較的こういう相場の時は大勢に関係なさそうな銘柄で動きの良さそうな奴の方が無難な気がします。