heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

ナスダック下落 米司法省動く

おはようございます

アルファベットに対し独禁法違反の容疑で米司法省が調査に乗り出したといニュースが出て、ナスダックは大幅下落になりました。一難去ってまた一難といったところでしょうか?

幸いにしてCMEは若干高いので、場中にNYダウや為替が邪魔しなければある程度は普通の相場なのかと思いますが、いや思いたい。

いずれにせよ、上昇するならしっかりと上昇して欲しいですね、下がる時だけ人一倍下がって、上がる時は半人前じゃあ困りますよね。せめて上がる日は良く上がったと思えるようにしてほしい。じゃないと日本株やってもつまらない。

特に最近のマザーズで実際に株を動かしてる大口さんは中々いやらしい売買をしてると思うね。買いの敵は買いというけれど、よく空売りしてる人を売豚とか揶揄する人もいるけど、本当の豚は買いの中途半端な大口さんね。機関には敵わないとばかりに売崩される寸前まで見せておいて、イナゴが逃げて売ったところをたったの数分で、もっと言えば数秒の間に一気に駆け上がって居所を変える。そうすると個人の小口投資家はついていけない。そう、ここら辺の大口買豚さんは自分だけ儲けようとして同じ買い方の個人をうざく思っていますね。まぁ気持ちは分かるんですが、イナゴはすぐに相場を壊すような買注文入れるからね。それでもそういうのを排除しようものなら小型株なんて上がらんよ、だって機関には敵わないんだから。機関が大口の買い方になっているなら別だけどね。

まぁ何と言おうが弱小個人は流れをいかに掴んでそれについていき、いかに欲張らずに利益確保していくかしかないからね。現物で長期に保有している人は勝手にしてればいいだけで、そういう人は保有期間中に株価が一回でも相場を作ってくれればそれなりの利益にあずかるということだね。それが一番いいけどさ、余裕がないとほったらかしって出来ないよね、保有知る銘柄が必ず上昇する保証なんてないんだから。

だから弱小投資家はデイトレには本来向かないかもしれないけど、外にバイトに出て得られるくらいの日当感覚の額であれば無理しなくても稼げる可能性はありますね。

働くことも良い事だけど、別に何で稼ぐかは人それぞれだからね。

さ~て、今日は何が動くかな?