heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

日本株は結局どうなる?

こんばんは

急にNYが上昇してきましたね、その調子その調子!

下がったことの純粋な反発なんですかね?

それとももう一段下がるための屈伸運動なんですかね?

いい加減落ち着いて欲しいものですけどね。

まあ朝を待つしかない身ですから・・・

 

今のところNYダウは上昇ですが、ナスダックは下落してます。

グーグルの持ち株会社のアルファベットが米司法省から独禁法絡みで調査が入ってることが嫌気され売られてるんですけど、それに乗じてツイッターフェイスブック、アマゾンなどが連れ安している事が要因ですね。

こういった話は大体の場合、それ程大事にはならないと思いますが、また何を言ってくるのか、欧米の良くやる手ですが、行政が出てきて、大きくなった企業を急に叩くんですよね。それでもって多額の罰金を支払わせるというね。

大きくなるまではむしろ税金まで免除したり、いわゆる規制緩和なども行ってその企業や業界が発展するためにタッグを組んでやるくせにね。

そういう意味ではよく分からない国ですね。

 

最近株式市場がもう少しまとまった下落でもあるんじゃないかって、半ば勘でしかないんですけど、そう思う事が多くなってきてこんな内容の無い記事を書いてしまいます。

杞憂に終わってくれればいいのですけど・・・

なんか心配じゃありません?

まぁ中国とのイザコザも米国の勝利だとは思えてきているので、それほど心配しなくても良いかなって思う面もあるんですけどね。

米国株はまだいいんです。本当に心配なのは日本株です。上手く言えないんですけど、本当に魅力的でなく見えるんです。全体としてですよ。なんでこんな風に思ってしまうのかな?

株式市場に問題があるのかな?いや、やはり前にも書いたかもですが、日本の社会全体の問題なのかなって思います。少子高齢化、企業不正、犯罪の凶悪化、年金問題アジア諸国の台頭、トランプ、中国、等々様々な問題が転がり過ぎているからなんでしょうかねぇ。

かなり漠然としてるんですが、結論としては日本に魅力がなくなってきているという事になるんですよね、言葉にすると。

 

もう少し下落して、一瞬やばいなって状況を見させられて、私のような小心者がビビりまくって底を迎えてくれて、3か月くらい経ったら「あの時が買い場だったね」って言っていられるような相場に是非ともなって欲しいです。

 

それと、期待している企業からの書類選考の結果が明日5日に確定します。

どうか受かってますように・・・お願いします!