heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

ヤマトのり万歳!

こんばんは

最近がん治療の新薬が相次いで開発されましたが、この薬がまた馬鹿高いことで話題になりました。やっぱりお金持ちは良いなって思う瞬間だったと思います。

でも、今回は全く逆の話ですね。

どこでも売ってるあののり、私でさえ使ったことのあるあのヤマトのり。

これでこれまで高価だった培養液よりも何百倍も成果が出る事が分かったというんですよね。これにはびっくりしました。

そんな事ってあるんですね。でも人間は偉いですね、誰かがこうやって僅かな可能性を諦めずに試行錯誤するから発見できたんですよね。頭が良い人が毎日毎日懸命に一つの事を追求しているんですね。感動ものですよこれは、おめでとうございます!

 

さて、NY株式市場。

今日は上昇からのスタートですね。約70ドル高の25192ドル近辺。

まあまあな感じでしょうか⁉

ここもとの下落に比べれば大した上げではないですが、まずは上げる事、これです。

欧州株も主要国の株式市場は一応上げてますね。

こんな感じで朝まで頑張って欲しいものです。

で、これを踏まえてCMEは? あれ?

上がってない・・・何で?

またかよ、いっつもこうなんですよね。下がる時は一緒になって気持ちよくお付き合いするのに、上がった時は連れ高しない。なんで?

こうなるとNY株にもっと頑張ってもらわないと日本株は上がりませ~ん・・・

ホント惨めな市場ですね・・・

だからこんなに差が付くんですよね。

もっとも日本と言う国に魅力が無くなっているのでしょうね。

以前も書きましたが、敢えて日本株にする必要性は無いんでしょう。

日本も努力してないですしね。こんなもん、こんなもんて思うしかないね。

でも取り敢えずNYだけでも戻していって欲しいです。

 

 それから

中国が対米貿易摩擦からレアアースについて輸出制限をかけるかもと言う話が出てました。中国はご存知の通り世界のレアアース生産の大部分を担っていて、半導体やハイテク関係の部品などに必須の素材ですね。

これが出回らないと電化製品に大きな打撃となり更に世界景気が悪くなるのではと言っている人もいます。

しかし、中国がダメなら他の国と言う事で、レアアースを生産できる国が挙げられてました。今時点では生産量は中国に敵いませんが、その中国が生産しない、もしくは外に出さないなら他の国で生産してもらえそうな感じですよね。

設備の問題など解決しなければならないとこもあり、すぐに代替えが効くわけではないですが、壊滅的にな状態までにはならないようにしそうですね。

そうなると益々中国不要論が強くなってしまうので、中国もレアアースをもって制限をかける事はしないのではと言われてますけどね、どうなるやら。

やっぱりオーストラリアとかエストニアミャンマー、インド、ブラジル、ベトナムここら辺は有力なんですね。

そういうことが株式市場の安定化に繋がって欲しいものです。