heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎をお伝えする日記です

MENU

やっぱりNYは続落だ

おはようございます

NYやっぱり下げましたね~

まあ予想はしてましたが、でも一時400ドル以上下げたことを思えばそれなりに戻した方じゃないでしょうか。

ただねぇ、じゃあ今晩以降どうなのかってことですよね~

昨晩のNYダウは221.36ドル安 25126.41ドルが終値です。

場中においては、一時25000ドルを割り込んでました。

昨日の記事に書きましたように、3月の安値を割ったことにより、まだ下落相場が継続される可能性はあります。でも今晩や明日の晩、つまり週末に終わってみれば下髭作って昨晩か今晩が買い場だったってなってれば良いのですが。

そういう意味では今日の日本株はあまり動けないでしょうね。

動けないですよね、分かりにくくて。トランプさんがいつナンドキ良いか悪いかの話をするかも分かりませんしね。

なので今日も大局的には関係なさそうな銘柄で動きを見ながら慎重にやるしかありません。

 

今日のモーサテでの話なんですが、元日銀の白井さんがトルコの中銀の人と会って話してきたと言ってましたね。

その中でトルコ中銀は、世界的に誤解があると言ってましたね。しかも3つ。

財政・外貨準備・政治がそれ

 内容は割愛しますが、要は間違った情報が流されているということです。

つまり、世間が言うほどトルコは悪くないし、むしろ景気は良いんだってこと。

エルドアン大統領については少し考えた感じはしましたが、元々経済については私もそれ程悪いとは思っていませんでした。

むしろエネルギー資源をほぼ95%くらい輸入に頼っており、この分が経常収支に影響を与えており、よって通貨安も招いているという構造ですよね。

なので、以前も書きましたが、建国100周年以降のエネルギー政策がどうなるのか、とても楽しみにしています。今となってはEUに加盟できなくて良かったのではないでしょうか?通貨だけ統合した結果、EU域内で財政の悪い国は浮上出来ないでいますからね。トルコはもし不景気になりドンドン落ちて行ったら、まだ通貨の面でやりようがありますから。

今のうちにトルコリラを買っておくべきか、もう少し経ってからの方が良いか、よく分かりませんが注視していく事は変わりません。

もしかしたらこの10年で一番化けるかもしれない可能性は秘めてますね。