heiseisakuraの資産運用ブログ

株の相場観と運用の基礎と雑感をお伝えする日記です

MENU

トランプ大統領、今日のゴルフはしんどいよ

こんにちは

 

今日も暑いですね~~~

と言うか今日の方が暑くなるんですよね~~

と書いている最中に、市役所の放送で光化学スモッグ注意報が出ましたね。

こんな日は建物の中にいるべきなんでしょうね、特にご年配はね。

こんな暑いのに、トランプ大統領はワザワザ日本でゴルフですか。

ゴルフやりたいけど、こんな日は勘弁だなぁ・・・

32~35度でしょ、安倍首相と大統領にはお付きの人が日傘とかで直射日光を避けるようにするんでしょうけど、それでも暑いですよ。

青木さんはまぁお年ですけどプロですからね、へたな若いもんより丈夫そうですよね。

茂原カントリー倶楽部はプライベートコースだし、ヘリポートもあるみたい、だから選ばれるんだね。

何にしても今日は厳しいね、例え16ホールでやるにしてもね。

 

それにしても、トランプ大統領のご機嫌取りはしといた方が良いんだろうけど。

あるテレビ番組で言ってましたねぇ、貿易問題で米国は必ず日本も叩きに来る。

それを止める事はできないが、選挙が終わる夏以降までは黙っていてくれとお願いするんだろうとね。まぁ本当かどうかは分かりませんが、ゴルフやって相撲見せて、晩さん会もやって、おべっか使っていい気分でご帰国いただく、お・も・て・な・し

そうです、日本人はおもてなしの心なのです。どんな風に言われたとしても、それで済むなら良いのです。もっとも米国にしてみれば、今日本を叩く意味はないですよね。

それでなくても中国とドンパチやってんのに、日本が中国よりになっては若干は不利に働きますからね。まぁ日本が中国寄りになる事はまずないでしょうけどね。

中國に寄るか、米国に寄るか、どっちにしても日本は下になるしかない。だったらどっちに付きますかって言ったら、そりゃ今んとこ米国になるよね。仮に中国に寄っていったらどうなるか?最初は良い顔ばかりするが、日本が下の自覚があるか突然無理難題を吹っかけてくる可能性が高いですね。そして日本が下で中国が上だと立場がハッキリしたら、態度が変わってくるでしょう、共産国だから。日本国民に自由は無くなりますよ。極端な話ですけどね。まぁでも今後の世界の覇権はどこが握るんでしょうね?

まだ当分は米国でしょうけど、2030~2050年頃にはGDPでは中国がナンバー1になっているようですし、世代交代が何時頃になるのか恐ろしいですね。

できたらインドにもう少し頑張ってもらいたいと思ってるんですけどね。

中国に対抗できる唯一の国はインドなんじゃないかなって思ってるんですよ。

まだ大分差がありますが、追いつき追い越せるポテンシャルを有するはインドだとね。

日本はどうなっているのでしょうね?もう既にアジアの中でもそれほど優位性はないですし、優位性のある分野をもっと伸ばしていければ良いのでしょうが、その分野の方だけが頑張っても他国に抜かれてしまいますね。

国家予算だけは立派ですが、国民にその恩恵があるのか、あったとしても費用は膨らむばかり。働かない人をディスったり、低所得の人にも等しくかかる消費税を上げてみたり、医療費も際限なくかかるし、一方で法人税所得税も高いし、社会保険料も馬鹿高い。これだけ国民から取っておいてまだお金が足りないってやっぱりおかしいんだよね。

 

 

さあ明日は月曜日、また新しい週の始まりだ。

株が上がるといいな。

上がるでしょ!

大統領が来たんだもん。